日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 続々映画化の伊坂幸太郎作品 まずは『フィッシュストーリー』

続々映画化の伊坂幸太郎作品 まずは『フィッシュストーリー』

fishstory.jpg(C)2009「フィッシュストーリー」製作委員会

 今年は太宰治の生誕100周年で、『斜陽』『ヴィヨンの妻』『パンドラの匣』と代表作の映画化が続々と公開を控えており、『人間失格』映画化のうわさもある。同じく生誕100周年の松本清張も『ゼロの焦点』が広末涼子主演で秋公開予定と、メモリアルイヤーを迎えた文豪作品の映画化が集中している。

 しかし、彼らに劣らず、今年、映画化作品が目白押しの現役作家が伊坂幸太郎だ。今年だけで実に3作品の映画が公開されるが、その先陣を切るのが3月20日公開の『フィッシュストーリー』になる。

 この映画はなかなか言葉で説明するのが難しいので、それゆえにぜひ映画館で見ていただきたいのだが、まずは2012年の中古レコード屋から物語が始まる。

 彗星(すいせい)が間もなく地球に衝突しようとしており、世界破滅の危機が迫っているというところから、次々と時代が飛んでいく。

 1982年の気の弱い大学生の物語、1975年の売れないパンクバンド”逆鱗”の最後のレコーディング、2009年のシージャックに巻き込まれた女子高生と正義の味方……と一見すると見事にバラバラな物語が展開されていく。

 キーになるのは逆鱗が最後にレコーディングした「FISH STORY」という曲。これが各時代をつないで、2012年の世界の危機に思わぬ影響を与えるのだが……。

 個々の時代の物語もそれ単体で魅力的。セックス・ピストルズが世に出るより早く、パンクを広めようと奮闘していたがかなわずに終わる”逆鱗”の面々(伊藤淳史、高良健吾ほか)の音楽や仲間にかける思いに引き込まれ、気の弱い大学生(濱田岳)の情けなくも成長しようとする姿を見守り、シージャックに巻き込まれた女子高生(多部未華子)のかわいさや、彼女を助ける正義の味方(森山未來)のカッコよさにほれることもできる。

 それらのエピソードのつながりが一気に解明されるラストにひざを打ち、爽快(そうかい)感とともに映画館を出たあとにできるはず。

 伊坂作品の映画化といえば、2006年の『陽気なギャングが地球を回す』に始まり、07年には『アヒルと鴨のコインロッカー』、08年に『Sweet Rain 死神の精度』と毎年のように行われてきた(06年にWOWOWで単発ドラマとして放送された『チルドレン』も後に劇場公開された)。今年はこの『フィッシュストーリー』に続いて、直木賞候補にもなった『重力ピエロ』が5月、『ラッシュライフ』が6月に映画になって劇場公開される。

 その中でも本作は、『アヒルと鴨のコインロッカー』で伊坂作品を映画化し、原作者からも絶賛された中村義洋が監督を務めており、まだ『フィッシュストーリー』の原作が出版される前から、伊坂自身が中村監督に「次に映画化するならこれはどうか」と提案したものだそう。原作者お墨付きの監督による映画化ということで、ファンにも安心の一作だ。
eiga.com編集部・浅香義明)

『フィッシュストーリー』
『アヒルと鴨のコインロッカー』
『Sweet Rain 死神の精度』
『重力ピエロ』
『ラッシュライフ』

Sweet Rain 死神の精度[DVD]

犬が。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「おうちでも裸なので」叶恭子主演・究極の官能映画が発表
【関連記事】 『チェンジリング』そしてイーストウッドは”映画の神様”となった
【関連記事】 ブラピを若返らせたスゴ技が光る『ベンジャミン・バトン』

最終更新:2009/03/20 11:00
こんな記事も読まれています

続々映画化の伊坂幸太郎作品 まずは『フィッシュストーリー』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

極道×アイドルマンガ作者が語る魅力

 今、アイドル界では、ありとあらゆるものとの組み合わせが考えられている。プロレスアイ...
写真