日刊サイゾー トップ > 芸能  > X JAPANのTOSHI 故マイケル・ジャクソンにコラボを断られていた!

X JAPANのTOSHI 故マイケル・ジャクソンにコラボを断られていた!

TOSHI_HP.jpgToshiオフィシャルサイト

 ”キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンが6月25日に亡くなり、世界各地で追悼イベントが行われるなど、改めてマイケルの偉大な足跡が注目されている。そんな中、ロックバンド・X JAPANのボーカルであるTOSHIがマイケルとのコラボレーションを正式にオファーしていたことを自身のブログで明かした。

「前回来日したときに、マイケルのマネージャーを通じて、僕の手紙を渡してもらった。『We are the world を、もう一度一緒にやらないか』という内容を書いた」と告白。

 1985年、アフリカの飢餓を解消するためのキャンペーンソングとして、マイケルがライオネル・リッチーと作詞・作曲し、スティーヴィー・ワンダー、ボブ・ディランら名だたる歌手が参加した「We are the world」をTOSHIと共にやろうとオファーしたという。だが、マネージャーを通してマイケルから「残念だが、もうしばらくステージには立つ予定はない」とオファーは一蹴されたと綴っている。


 最終的にTOSHIとマイケルのコラボは叶わず、TOSHIは「なにかせつない悲しい気持ちが残る」と後悔の念を吐露。マイケルが抱えていた刑事告訴や、利権を巡るトラブルなどを慮りながら、TOSHIは「私も到底人事ではない」「悪質な不正がまかり通ってしまうことなど、決して、死んでも許さない」とアーティストの利権に飛びついてくる者への対抗心をあらわにしている。

 5月2、3日に東京ドーム公演を行う直前まで、ベーシスト・HEATHの去就が取りざたされたX JAPAN。最終的にHEATHは復帰を果たしたが、ライブ中のMCでX JAPANの利権に飛びついてくる者がいたことをTOSHIは明かしている。

 金のあるところに亡者のように擦り寄ってくる者がいる状況は日本も欧米も変わらないようだ。
(文=本城零次)

We Are The World ~THE STORY BEHIND THE SONG~

何度でも聴くよ、何度でも。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 脱退騒動、メンバー追加……復活したX JAPANゴタゴタの裏事情
【関連記事】 「あの子役に暴露本を書かせろ!?」マイケル・ジャクソンの死に色めき立つ出版界
【関連記事】 1週間で1年分売れる!? アニメ『けいおん!』経済効果を徹底検証

最終更新:2009/07/05 12:28
こんな記事も読まれています

X JAPANのTOSHI 故マイケル・ジャクソンにコラボを断られていた!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真