日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > AKB48辞めたら、お先真っ暗? ”卒業生”星野みちるが事務所離脱・活動休止

AKB48辞めたら、お先真っ暗? ”卒業生”星野みちるが事務所離脱・活動休止

hoshinomichiru.jpg星野みちる公式ブログより

 アイドルグループ・AKB48の最古参メンバーで07年6月に卒業し、以降ソロシンガーとして活動していた星野みちる。彼女が18日に行ったライブで活動休止と所属事務所・AZ-ENTERTAINMENTからも離脱することを発表した。4月に、AKB48卒業メンバーとしては初となるCDデビューも果たした彼女だが、今後はマイペースに音楽活動を続けていくようだ。AKB48劇場通い3年半の”古参ヲタ”である、あるファンは次のように明かした。

「AKBの面白さの一つが、歌手、女優、声優、モデル……さまざまな夢を持った女の子たちが結集しているところ。みっちぃ(星野)は、05年12月のAKB48立ち上げ当初からのメンバーですが、当初からシンガーソングライターとしてのデビューを希望していて、『なんでこの子がアイドルに?』と疑問も持ちましたが、”歌”に賭ける情熱はピカイチ。連日の1日3回公演でメンバーが不平不満を口にする中、『私はずっと歌手を夢見てきたから、歌を聴いてくれる人がいることがうれしい。文句を言うのは許せない』と普段のおっとりキャラとは違う、き然とした言葉でメンバーをたしなめたのは、今なお語り継がれる伝説的名言です」

 その後、星野は自身が作曲した30曲あまりをプロデューサー・秋元康に聴かせ続け、秋元が気に入った曲に詞を付けた「ガンバレ!」という曲が完成。この曲は、フジテレビ『スーパーニュース』のお天気コーナーのBGMに抜擢され、映画「受験のシンデレラ」の主題歌にも起用された。AKB卒業後は事務所も決まって、定期的にライブを行い、今年4月にはAKBメンバーの高橋みなみ、前田敦子、前田敦子、元メンバーの折井あゆみ、大島麻衣が作詞に参加したアルバム「卒業」をリリース。歌手として着実にステップアップしているように見えたのだが……。活動休止の背景にあるものは何なのか、ある音楽関係者は次のように分析する。

「今は、どうしようもないぐらいにCDが売れない、すなわち、音楽で金を稼ぐのが難しい時代。着うた、iTunesなどの配信も話題ですが、売れるのはごく一部です。インディーズバンドは事務所に所属してメジャーに行くより、利益の面でも、表現の制約の面でも自由にできるインディーズを継続するバンドも多い。事務所に所属していると、給料をもらっている以上、それなりの利益を上げないといけない。おそらく、星野さんも”やりたいこと”と”やらなければならないこと”の狭間で、活動休止と事務所からの離脱を決めたんでしょう」

 ブログでは、「また歌いに戻ってくる。なのでこれからもずっと応援して下さい」と力強く宣言している星野。現在のAKB48メンバーがグループから卒業しても、芸能界で活躍できるという道筋を作るためにも、星野が名前の通り、”スター”として輝く日を望みたいものだ。

10年桜

♪10年後に~また会おう~

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 ずさんすぎて支配人が土下座 パリへのAKB48高額ファンツアーは神ボッタクリ!?
【関連記事】 「ー」記号が165個!! AKB48公式ショップからファンに送信された”怪文書 …
【関連記事】 月額840円! 新垣結衣のブログ有料化に見る「芸能人ブログの経済学」

最終更新:2018/12/10 19:34

AKB48辞めたら、お先真っ暗? ”卒業生”星野みちるが事務所離脱・活動休止のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

 1980年、リーゼントにドカンという不良まんまの姿でブラウン管に登場し、世の大人たち...
写真