日刊サイゾー トップ > エンタメ  > ユニバーサル名物会長の退任で長渕剛の動向に周囲がビクビクしている!?

ユニバーサル名物会長の退任で長渕剛の動向に周囲がビクビクしている!?

51rjC033OIL._SS500_.jpg長渕剛『FRIENDS』(ユニバーサルミュージック)

 日本のレコード業界で”名物会長”と言われた「ユニバーサルミュージック」の石坂敬一会長が、10月いっぱいで退任することが明らかになり、今年の初めにユニバーサルに移籍した長渕剛の動向が注目されている。

「長渕は石坂会長を慕って、ユニバーサルに移籍したと言われているんです。その会長が辞めたら、乱暴な長渕を誰が抑えるのか。また、古巣のフォーライフに戻るかもしれないですね」(レコード関係者)

 石坂会長は、68年に慶応義塾大学卒業と同時に東芝EMIに入社。洋楽部門を担当して、ビートルズやピンクフロイドで実績を上げた。邦楽に移ってからも原田知世や薬師丸ひろ子、それに長渕に矢沢永吉、BOØWYを移籍させ、復活させた名物ディレクターだった。

「東芝EMIの専務になってから、94年にポリグラムレコード代表取締役社長、98年に今のユニバーサルに社長として迎え入れられたんです。当時、ユニバーサルはCD国内生産数が6位だったんですが、08年に首位になった。青山テルマとか、グリーンといったアーティストが活躍しましたからね。一方、豪放磊落(らいらく)な性格でかなりの遊び人としても業界では有名でした。特にサッチーを口説く程の腹の座りっぷりは天下一品でしたね」(知人の音楽記者)

 この石坂会長の能力と人柄に引かれて、長渕はユニバーサルに移籍したという。

「長渕の気性を知ってますから、現場のスタッフが犠牲になるということで、反対する役員もいたんですが、石坂会長が鈴をつけてくれるんじゃないかと思っていたんです。そんな会長も10月で退任。長渕、どうなるんですかね」(ユニバーサル関係者)

 秋以降の長渕の動向に要注意?

FRIENDS

芸能界の暴れん坊!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 “横暴なカリスマ”長渕剛のユニバーサル移籍で次に泣くのは…
【関連記事】 「俺の歌を歌わせろ」長渕剛がジャニーズ事務所に宣戦布告!
【関連記事】 ウルフルズ活動休止の裏側でささやかれる「シビアなビジネス事情」

最終更新:2009/08/06 12:15
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed