日刊サイゾー トップ > 芸能  > 内容より視聴率が注目されるTBSドラマ『こち亀』の低空飛行

内容より視聴率が注目されるTBSドラマ『こち亀』の低空飛行

kochikame_hp.jpgTBS『こちら葛飾区亀有公園前派出所』HPより

 9月12日放送第6話の視聴率が注目される崖っぷちTBSドラマ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。先週9月5日放送の第5話では稲垣吾郎の助太刀で6.5%と、やや持ち直しているだけに、6話目の数字が業界から注目されている。

 持ち直しているとはいえ、明らかにひどい数字であることは明白。もはや、というかリアルに今クール・ワーストNo.1を競う数字なのだが、これでも4話の5.9%から比べれば、吾郎ちゃん効果だけで0.6%のプラス。4話からのなし崩しの下落には一応ストップがかけられたわけである。ここが正念場だろう。

 SMAP香取慎吾の主演で鳴り物入りで始まった同ドラマだったが、初回12.2%と低調なスタートを切ると、視聴率はそのまま下落の一途をたどり、KAT-TUN田口をゲストに迎えた第3回には早くも一ケタの7.6%。その後も低空飛行を続けているが、その原因はいったい何なのだろうか。

「そもそも、ドラマなのにゲストに頼っている時点で、ひとつの作品として成立してないですよね。各マスコミでも散々語られていますが、人気マンガのドラマ化、スターシステムによるキャスティングなど、企画そのものの見通しが甘かったとしか言いようがない。TBS局内では『長期シリーズ化』という目論みもあったようですが、主役勢のキャラクターが確立する前から北野武や加山雄三などの”濃い”面々がゲスト出演してしまっては、視聴者は誰に注目したらいいかわからなくなってしまいます」(ドラマライター)

 ちなみに12日放送の第6回ゲストは、SPEEDの島袋寛子、AKB48らコアなファンを持つ女性アイドルだ。

「もしかしたら”アイドル効果”で視聴率が上がるかもしれませんが、このゲストでKAT-TUN田口や稲垣吾郎の回を超えてしまったら、それはそれでジャニーズ事務所としては頭が痛いでしょうね。もう各マスコミも本編より視聴率調査結果にばかり注目していますよ(笑)」(同)

 同ドラマのキャッチフレーズは「日本はいま、笑ってる場合でいいじゃん!」というものだが、もっとも笑っていられないのは当のTBSかもしれない。

花より男子2 (リターンズ)

TBS最後のヒット作?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「ジャニ同士で足の引っ張り合い!?」TBS『こち亀』KAT-TUN田口登場も視聴率急落
【関連記事】 SMAP香取慎吾「両さん」シングルも大コケでTBS局内に吹きすさぶ寒風
【関連記事】 初回視聴率12.2%! 実写版『こち亀』初回大惨敗に頭を抱えるTBS

最終更新:2009/09/12 18:33

内容より視聴率が注目されるTBSドラマ『こち亀』の低空飛行のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

安倍首相、買収マネーで孤立無援

今週の注目記事・第1位「河井夫妻『買収』原資...…
写真
インタビュー

酒井萌衣が語る48とアイドル界

 今や、国内だけで300人を超える巨大組織となった48グループ。その公式ライバルとして...
写真