日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「意外に肉食!?」木村カエラ、宇多田ヒカル……Jポップ女性アーティスト恋愛事情

「意外に肉食!?」木村カエラ、宇多田ヒカル……Jポップ女性アーティスト恋愛事情

kimurakaera00.jpgこう見えて……

 女性ミュージシャンの”熱愛報道”が相次いでいる。9月10日発売の「女性セブン」が木村カエラと瑛太の”深夜カラオケデート”を報じる一方、9月16日発売の「女性自身」は、宇多田ヒカルが8歳年上の画家と半同棲生活を送っているとの記事を掲載。07年の離婚以来、久しく交際話のなかった宇多田ヒカルはともかく、人気グループRIP SLYMEのSUと結婚寸前といわれていた木村カエラの”発展家ぶり”には、音楽業界内でも注目が集まっている。

「木村カエラとSUが交際し始めたのは約2年前のことです。二人のアツアツぶりは業界では有名でした。その後、妻帯者だったSUも離婚し、結婚への障害はなくなったように見えたのですが、今年7月くらいに『カエラのメールアドレスが突然変わったらしい。二人の間に何かあったのでは?』との情報が流れていました」(レコード会社関係者)


 なお、SUとの交際前には同世代の音楽関係者と交際していたとされる木村カエラ。数年のうちに次々と”新たな恋”を実らせてきた彼女は、Jポップ界における新たな恋愛クイーンといえるかもしれない。

「普段の木村カエラは穏やかな性格で、とても礼儀正しい女性です。そのため周囲のスタッフからも愛されているのですが、恋愛となると”肉食獣”に変貌するようですね。スピリチュアル方面にも関心が深いようで、恋愛占いの話を熱心にしている姿を見たことがあります」(マネジメント関係者)

 一方、女性ミュージシャンの熱愛報道を阻止するため、各レコード会社、マネジメン事務所はマスコミ対策を開始しているようだ。

「大手事務所にガッチリと守られた俳優やタレントと比べ、ミュージシャンの多くはあまりにも無防備でした。どの事務所も”生活指導”を徹底する一方、各週刊誌の動向に神経をとがらせています」(前出のレコード会社関係者)

 バンドからソロに転じて活躍中のYを筆頭に、かつては多くの男性スターと一夜を共にしたと噂される奔放な女性ミュージシャンも多かったJポップ界。芸能マスコミの注目と共に、彼女たちのライフスタイルも変化を余儀なくされるのだろうか。
(文=石山博美)

GO!5!KAELAND

ぼくもKAELANDにいきたいです!!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「ゼェェェット!」アニソンの帝王・水木一郎が見据える世界への道程
【関連記事】 CD文化からコンサート文化へ Jポップは「聴く」よりも「観る」時代
【関連記事】 「完全に終わった」 沖縄ブーム終焉でオレンジレンジが苦境に

最終更新:2009/09/23 11:00

「意外に肉食!?」木村カエラ、宇多田ヒカル……Jポップ女性アーティスト恋愛事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

田中みな実の快進撃が止まらない!?

 今回取り上げるのは、田中みな実だ。かつては...…
写真
インタビュー

売れっ子おじさん俳優・川瀬陽太の素顔

 俳優が売れるか売れないかは、大きな事務所に所属しているかどうか次第。長い間、ずっと...
写真