日刊サイゾー トップ > 社会  > 再逮捕秒読み!? の押尾学 あのフィクサーにも見捨てられ窮地に……!?

再逮捕秒読み!? の押尾学 あのフィクサーにも見捨てられ窮地に……!?

oshiomanabu_shakuhou.jpg事件発生から約2カ月。
遺族への謝罪はいつになるのだろうか?

 合成麻薬MDMAを服用したとして麻薬取締法違反の罪で起訴された俳優・押尾学被告について、警視庁捜査一課は、一緒に服用した30歳の銀座ホステスの女性の死をめぐり、保護責任者遺棄致死罪で再逮捕に動き出した。

 ところが、こうした押尾被告の再逮捕の動きの最中、同被告の後見人と噂されていたパチンコ界と警察を結ぶフィクサーI氏が同被告と”決別する”のではないかとささやかれ始めた。

「ロスにいるI氏の息子が押尾被告と親友だったため、I氏は押尾の保釈時に弁護士をつけるなど尽力したとされていたんです」(全国紙社会部記者)


 ところが、実際は違ったようだ。

「もちろん、I氏親子の周辺が押尾被告に少なからず助け舟を出していたのは確かなようですが、”後見人”といった事実は一切ありませんでした」(大手芸能プロ幹部)

 しかし、I氏親子は各マスコミで「押尾の後見人」と報じられた事で、「仕事にもかなり支障があったという話です。こういった報道を、I氏の息子はロスで聞き、憤慨したとも言われていますよ」(前同)

 さらに、ここにきて押尾被告に再逮捕の動きがあると一部で報じられ、「I氏親子やその周辺の人間たちも、もう押尾に関わるのはやめにしよう、といった雰囲気になっているそうですよ」(芸能事情通)

 一方、押尾被告との決別をささやかれるI氏側は、同被告が以前に所属していたエイベックスにも激怒していると噂される。

「実はI氏の会社は、押尾被告をキャラクターにしたパチンコ機種を発売する計画を立てていたんです。しかし、同被告の逮捕で頓挫してしまった。このためI氏は、当時押尾が所属していたエイベックスに”損害賠償”の話を持ち込むのではないか、といった不穏な情報も一部では流れています」(前同)

 この話が本当なら、すでに押尾被告を解雇しているエイベックスに損害賠償の話を持ち込むのは筋違いでもある。いずれにしろ再逮捕秒読みとなった押尾は、いよいよ四面楚歌となりそうだ。

そして誰もいなくなった

自業自得だね。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 動き出した捜査一課 押尾学被告を保護責任者遺棄致死罪で再逮捕へ
【関連記事】 押尾学被告 銀座で暴力団による”押尾包囲網”が張り巡らされ大ピンチ!?
【関連記事】 やはり政界につながり!? 押尾学の保釈金400万円を用立てた”フィクサー”の正体

最終更新:2009/09/25 11:00
こんな記事も読まれています

再逮捕秒読み!? の押尾学 あのフィクサーにも見捨てられ窮地に……!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

“新世代の三谷幸喜”上田監督が語る

「面白い!」「完全に騙された!」「感動した!」と映画ファンの間で噂を呼んでいるのが、...
写真