日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 「これでは新人が育たない!」ベスト盤しか売れなくなった音楽業界の悲鳴

「これでは新人が育たない!」ベスト盤しか売れなくなった音楽業界の悲鳴

superfly_album.jpg孤軍奮闘のSuperfly『Box Emotions』
(ワーナーミュージック・ジャパン)

 今年9月度のオリコンアルバムチャートの内容が、音楽業界で波紋を呼んでいる。1位の嵐『All the BEST!1999‐2009』を筆頭に、ベスト10の中にベスト盤が6枚もランクイン。ベスト5に限れば4枚がベスト盤で、オリジナルアルバムは4位のSuperflyのみ、という異例のチャート構成だった。

 音楽業界では古くから、各種レジャーが盛んになる夏季シーズンは”夏枯れ期”とも呼ばれ、CDのセールスが他シーズンよりも落ち込むとされてきた。そのため、この時期にはオリジナルアルバムを避け、制作費が少なくて済むベスト盤やカバーアルバムがリリースされる傾向があった。しかし今回、ランキングの上位にこれだけベスト盤が並んだことに対し、あるレコード会社関係者は「これはもはや夏枯れ云々ではない」と嘆息する。

「CDセールスの落ち込みが、ついに来るところまで来たという印象です。Superflyが異例のヒットを飛ばしたのは好材料ですが、他の落ち込みがひどい。オリジナルアルバムの売り上げだけでは利益を確保できないため、各社ともベスト盤のリリースに走っています」(同レコード会社関係者)

 オリジナルアルバムのリリースに当たっては、スタジオ代などの制作費に加え、多額の広告宣伝費が必要となる。その内訳は、ラジオやテレビのスポットCM、各種雑誌媒体への広告出稿が中心だが、こちらの予算も大幅に減らされる傾向があるという。

「レコード会社は、少なくなったプロモーション予算をテレビCMに集中させています。そのため、音楽誌のタイアップ広告は軒並み激減、各出版社の経営を直撃しています。広告が出せない場合は、記事掲載の見返りにレコード会社から出版社に”取材協力費”が支払われる慣行もありましたが、それも無くなる傾向です」(音楽雑誌編集者)

 記事と広告をバーター取引する音楽誌の是非はさておき、従来のレコード会社が、多額の広告宣伝費を”先行投資”することで多くの歌手やバンドを育成してきたのも事実。利益確保優先のベスト盤が多発される中、新人育成の新たな仕組作りも求められているといえそうだ。
(文=石山博美)

Box Emotions

越智志帆1人のプロジェクトです

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 所属事務所が激怒!? 事実上の「引退」に追い込まれた絢香に同情論も
【関連記事】 “恋多き巨乳前衛芸術家”オノ・ヨーコの「華麗なる恋愛人生」
【関連記事】 狙いは音楽業界の若手重鎮か 押尾学被告の再逮捕で芸能人が芋づる検挙へ!?

最終更新:2009/10/13 13:53
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed