日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 「もうCD販売には見切り!?」ミュージシャンが続々CM出演に踏み切る裏事情

「もうCD販売には見切り!?」ミュージシャンが続々CM出演に踏み切る裏事情

watering_ringo.jpg 江崎グリコ「ウォータリングキスミントガム」
オフィシャルサイトより

 人気ミュージシャンの出演CMが、相次いでオンエアされている。ソニー「ブラビア」の矢沢永吉、グリコ「ウォーターリング キスミントガム」の椎名林檎、そしてサントリーとタワーレコードの共同CMの坂本龍一、斎藤和義……といった具合だ。

 いまやCM界では、タレントやスポーツ選手と並んで、ミュージシャンはイメージキャラクターの定番となった感もある。これには、広告クライアントが有名ミュージシャンのブランド力を好む傾向が強まっていることに加え、アーティスト側の逼迫する金銭事情も関係しているという。

「CDがとにかく売れない昨今、各マネジメント事務所はCD販売以外の収益源を確保することに必死です。その中でも有力なのはライブ興行やグッズ販売ですが、知名度のあるミュージシャンは実入りの大きいCM出演を狙っています。今回、CMに初出演した椎名林檎もそうした事情と無縁ではないでしょう」(レコード会社関係者)

 椎名林檎が出演するグリコのCMでは、彼女が参加する「東京事変」の楽曲が使われているほか、音楽系の映像ディレクターが撮影を手がけるなど、椎名林檎の”アーティスト性”に配慮した内容となっている。とはいえ、クローズアップされた表情は、ミュージシャンというよりも、ピーター(池畑慎之介)らにも通じる妖艶なもの。先の関係者は「思いのほか商品宣伝寄りのCMだった」と話す。

「椎名林檎はメディア出演時のイメージにこだわる人なので、今回のような一般的なCMへの出演は意外ですね。考えてみれば、かつてのミリオンセラー歌手も、今ではCDセールスが伸び悩む中堅ミュージシャン。今年久々に出した椎名林檎名義のアルバムも大ヒットとはならず、兄の椎名純平らを抱える個人事務所(黒猫堂)の経営はラクではないはずです。CM出演の話には、喜んで飛びついたのではないでしょうか」(前出・関係者)

 CDの売り上げが落ちる一方、コンサートの活況やダウンロード市場の進展で、ミュージシャンの”セレブ度”自体は数年前よりもアップしていると見られる。今後は、CDの販売収入に見切りをつけたミュージシャンによるCM出演が増えるかもしれない。
(文=石山博美)

能動的三分間

アクティブに。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 “顔面崩壊”から「キレイになった」!? プチ整形に走るミュージシャンたち
【関連記事】 もう演歌だけでは食っていけない!? 森進一が尾崎豊「I LOVE YOU」を歌うワケ
【関連記事】 「大物保有も資産価値は未知数……」ビクターエンタテインメント売却は前途多難か

最終更新:2009/11/22 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed