日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 被害者とその親友──2人の”佐藤梢”と消えた男のリアル・ミステリー
日本"未解決事件"犯罪ファイル

被害者とその親友──2人の”佐藤梢”と消えた男のリアル・ミステリー

obara.jpg

 何かが狂ってしまった現代社会。毎日のようにニュースに流れる凶悪事件は尽きることを知らない。そして、いつしか人々はすべてを忘れ去り、同じ過ちを繰り返してゆく……。数多くある事件のなかでも、未だ犯人・被疑者の捕まっていない”未解決事件”を追う犯罪糾弾コラム。 

[第5回]
岩手県川井村地内における女性殺人・死体遺棄事件(2008年7月)

 08年7月1日、岩手県川井村に流れる川のほとりで、県内に住む17歳の少女、佐藤梢さんの遺体が発見された。司法解剖の結果、死因は頭部の外傷または頸部の圧迫によると見られ、首を絞められたあと、川にかかる橋の上から落とされた際に頭を強打した可能性が高く、死亡推定時刻は6月30日~7月1日と発表された(岩手県警宮古警察署捜査本部はのちに「6月28日午後9時ごろから遺体となって発見される7月1日午後4時ごろまで」と訂正)。

 すぐにマスコミによって梢さんの写真が公開された。茶髪でコギャル風メイク、そして身体にタトゥーを入れていたことが報じられたため、若者同士の”痴情のもつれ”や”ストーカー被害”などの先入観を持った人も多いと思う。しかし、事件はそう単純なものではなかった。

 当時、梢さんの交際相手だった男性の証言によると、彼女がその男性の家を出たのは6月28日午後10時20分、その際、梢さんは「友達の彼氏に呼ばれた。恋愛相談。私、殺されるかもしれない……」と言い残していたという。

 一方、梢さんを呼び出したとされる男は、遺体が発見された同じ日に見通しの良い直線道路で電柱に突っ込むという事故を起こした上、翌日には三陸海岸に面した自殺の名所”鵜ノ巣断崖”から「飛び降りる」という電話を友人にかけ、恋人に「俺、死ぬから」というメッセージに断崖の写真を添付したメール、弟(次男)には「サヨウナラ、迷惑な事ばかりでごめんね」というメールを送り、いずれも自殺をほのめかしている。心配した恋人が電話をかけたものの、一方的に電話を切られてしまったという。そして、男は父親と弟(三男)に最後の電話をかけたあと、その場から姿を消してしまう。付近から財布・タバコ・サンダルなどの遺留品が発見されたのは、その翌日のことだった。

 ここまでの話の流れを追えば、やはり男女関係が原因で男が女を殺害し、良心が咎めて自殺……という推測が立てられるが、男の遺体が発見されなかったため、警察は”偽装自殺”と断定。約1カ月後の7月29日、住所不定・職業不詳の小原勝幸を「殺人・死体遺棄事件」の”犯人”として公的懸賞金100万円を懸け、全国に指名手配した。そして、2カ月後に放送された報道特番『もう逃げきれないぞ テレビ公開大捜査SP あの未解決事件を追え!』(TBS系列)で同事件が取り上げられたことで事態は急転する。

 番組から現地取材を依頼されたジャーナリスト・黒木昭雄氏(元警察官)は、取材を通して事件の不可解な点を数多く見つけ出し、いくつかの疑問を抱き始める。
(以下、黒木氏のホームページから一部抜粋)

・右手に重傷を負った男が、どうやって被害者の首を絞めたのか?

 6月29日午前9時ごろ、小原は弟(次男)夫妻の家を訪ね、「酔ってコンクリートの壁とケンカした」と右手の負傷を見せ、病院に付き添ってもらっている。担当した医師によれば、「壁を殴ってできる傷ではなかった」「あのケガでは日常生活もままならない」状態だったという。梢さんの死亡時刻が当初発表された通りであれば、殺害はきわめて困難である。

・被害者を誘い出した男は、なぜ遺体を隠さなかったのか?

 小原が犯人だとしたら、片手が不自由なので遺体を埋めるなどの作業が困難であったとも考えられるが、実家に戻るコース上に遺棄するというのはあまりにも考えが浅すぎるのではないか、という疑問が残る。

・殺害動機は?

 ここで考えるべきは、小原と梢さんの接点である。2人が初めて会ったのは07年2月。小原は後輩と宮城県登米市内のショッピングセンターで梢さんら2人をナンパし、その後それぞれがカップルになっている。後輩の相手は殺された梢さんで(のちに破局)、小原の相手は梢さんの親友の”佐藤梢さん”だった──。つまり同姓同名……何の因果か、小原は約1年半後に運命を分かつことになる2人に声をかけたのだ。そして、新たな疑問が2つ浮上する。

・小原と殺された梢さんとの関係は?
・梢さんが小原に”殺されるかもしれない”と感じていた理由は?

 交際をスタートさせてから約3カ月後の5月1日、小原は”恐喝”の被害に遭う。ある男性に仕事を世話してもらったものの、あまりのキツさに逃げ出し、「顔に泥を塗った。迷惑料として120万円支払え。支払えないなら指を置いていけ」と日本刀を口の中に入れられて脅され、借用書を書かされてしまう。さらに「保証人を立てろ」と言われ、その場にいた弟(次男)に頼んだものの、「関わりたくない」と拒否されたため、小原は交際中の相手の名前・携帯番号を書いたという(恐喝を行ったとされる男性は、素手による暴力と10万円を請求したこと、保証人を立てさせたことは認めているものの、それ以外については否定している)。

 しかし、無職の小原は金を支払えず、翌年の6月3日に岩手県久慈警察署に被害届を提出。弟とともに事情聴取を受けるなどして事態の収拾を図ったが、同月28日に突然、小原は交際相手の梢さんに「被害届を取り下げる」と語ったという。話のなりゆきは次の通りだ。

 交際から約1年5カ月、すぐに別れた後輩カップルに比べて長く続いていた2人だったが、小原の強引な性格と暴力に嫌気がさし、何度も梢さんから別れを切り出していたという。そして08年6月28日、前夜から2人で来ていた盛岡競馬場の駐車場に停めていた車から小原がいなくなった隙を見て、彼女は逃げ出して宮城県の実家に電車で帰ってしまう。所持金がほとんどなく、車のガソリンも半分以下だったため、小原は彼女を追いかけることができず、執拗に電話・メールで「被害届を取り下げるから戻ってきてくれ」「お前が一緒じゃないと取り下げられない」と連絡してきたという。しかし、彼女に相手にされなかった小原は、同じ名前を持つ佐藤梢さんを呼び出したのである。果たして、その目的は一体何だったのか──? 可能性のある理由をいくつか考えてみた。

1)恋愛相談に乗ってもらいたかった
2)親友なら恋人を呼び出せると考えた
3)お金を借りたかった
4)以前から浮気をしていた
5)むしゃくしゃして誰かを傷つけたかった
6)借用書の保証人と同姓同名の女性が必要だった

 このなかに正解があるかどうかはわからないが、いずれにせよ、梢さんは何者かに襲われて命を失った。彼女自身に狙われる理由があったのか、それとも”身代わり”だったのか……。

 先述の黒木氏は、独自の視点から「真犯人は別にいる」「すでに小原は生きていないのではないか」「恐喝事件と梢さん殺害事件は密接な関係がある」と推理を立て、綿密な取材を粘り強く行っている。その成果として、事件の関係者(被疑者側・被害者側)からの信頼を得て、09年5月13日には警察への情報提供と捜査進展の要望を兼ねた記者会見で中心的役割を務めている。

 東北の田舎町で起こった殺人事件は、1人のジャーナリストによって新事実が次々と明らかにされ、まるでミステリー小説のような展開を迎えている。その活躍により、生死を分けた同じ名前の女性2人に安息の日々が訪れることを願いたい。
(取材・文=神尾啓子)

kozue1.jpg_01.jpg遺体で見つかった佐藤梢さん
(当時17歳)

<プロフィール>
被疑者:小原勝幸(おばら・かつゆき)
生年月日:1979年11月16日
本籍:岩手県
身長:170cm前後 特徴:中肉
公訴時効成立:2033年7月

<情報>
懸賞金:100万円
(平成22年10月31日まで)※延長の可能性あり

<連絡先>
岩手県宮古警察署
TEL 0193-64-0110

おい、小池! 全国指名手配犯リスト付き未解決事件ファイル

敏腕ジャーナリストの名著

amazon_associate_logo.jpg

バックナンバー
【第4回】 ストーカー行為を働いた挙げ句にターゲット女性の家族を惨殺して逃亡
【第3回】 事態急転!「リンゼイさん殺害事件」市橋達也整形術前後の写真入手で逮捕秒読み!?
【第2回】大量の遺留品が招いた初動捜査の混乱 果たしてDNAに人格は認められるか?
【第1回】「おい、小池!」で日本中に知られた男は本当に名前を呼ばれる日を待ち続けている

最終更新:2009/12/11 11:10
こんな記事も読まれています

被害者とその親友──2人の”佐藤梢”と消えた男のリアル・ミステリーのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真