日刊サイゾー トップ > 社会  > ローマ法王が黒人ギャングラッパー「2パック」を愛聴していた!?

ローマ法王が黒人ギャングラッパー「2パック」を愛聴していた!?

roman_hooii.jpgじつはB系!?

 バチカンのローマ法王庁では、関連施設で流される音楽が厳格に決められている。大半は宗教音楽かクラシックだったりするのだが、先日、その公式の音楽リストの一部が明らかになった。ここで目を引いたのがヒップホップ界の伝説、ギャングラッパーとして一世を風靡した2パックのヒット曲「チェンジス」だった。

 2パックこと本名トゥパック・シャクールは、90年代にヒットを連発、俳優としても活躍した人気ラッパーだが、度重なる暴力やレイプ事件、ラッパー同士の抗争を激化させるなどして悪名を高め、96年9月、ボクシング観戦後、車に乗っていたところを銃撃され25歳で生涯を閉じた。

 ヒット曲の中には喧嘩相手を挑発するような歌詞も多く、ローマ法王庁という厳格な場で流されるイメージとは程遠いものがある。

 実際「チェンジス」の歌詞も、サビ部分こそ「俺たちの手で世の中を変えよう」という前向きなものではあるが、途中のラップでは「引き金を引いて黒人ひとり殺せば、その警官は英雄だ」「麻薬の袋詰めをさせられ、そのうち売人の役がまわってくる」という過激なものも含まれている。

 法王庁の音楽リストには現在のところ、ヒップホップはこの1曲のみ。それどころかビートルズやマドンナなどのポップソングも見当たらない。なぜ1曲だけ場違いなラップソングが紛れたのか、多くの取材が殺到したが、当の法王庁は「選曲基準は人の良心に働きかける曲であること」とのみコメントしている。

 キリスト教圏において絶大な影響力を持つバチカン認定の名曲となったことについて、2パックの母親、アフェニに取材したところ「息子は多くの人にメッセージを届けようとして努力していたので、彼の音楽が世界中の人に大きな影響を与えていることに感謝しています」と喜びを表した。

 ちなみに2パックの曲の中には聖母マリアへの祈りを歌ったものもあり、カトリック側としてもそうした姿勢を考慮したとも思われる。

 また「チェンジス」には「人間は誰もが神様から平等に命を授かったのに、俺たちはまだ黒人の大統領誕生を目にしていない」という歌詞があるのだが、奇しくも、その曲名を代名詞にしたのが、初の黒人大統領バラク・オバマである。
(文=藤堂香貴)

2Pac – Greatest Hits

法王庁御用達。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 音楽業界にまた激震! 詩音逮捕に見るヒップホップシーンの薬物汚染
【関連記事】 「マックス松浦にヘコヘコ!?」EXILEのリーダーHIRO”経営術”の実態
【関連記事】 「ヤクザのみかじめと同じ」人気ドラマー・ファンキー末吉がJASRACに激怒!

最終更新:2009/12/14 11:42

ローマ法王が黒人ギャングラッパー「2パック」を愛聴していた!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真