日刊サイゾー トップ > カルチャー  > トップクリエイターが語る「ニコニコ動画」と「商業」の未来(後編)
「アイマスMAD」わかむらPインタビュー

トップクリエイターが語る「ニコニコ動画」と「商業」の未来(後編)

wakap.jpg残念ながら顔出しはNGでした。

■前編はこちらから

――業界が崩壊したあとじゃ遅い。

わかむらP そう。それに業界が崩壊しなくても、ニコニコ上がりの新人はその価格でいいんだ、という暫定レベルになったとしても、その人たちがいつちゃんとした給料をもらえるようになるの? という、結局は自分のクビを締めることになりますよね。だから音楽を本気でやりたいと思ってるんだったら、本当にちゃんとした金額を請求しないとダメなんです。最初は新人金額でもいいんだけど、いつまでもニコニコ価格とか、タダでいいや、とかやっていると、本当に痛い目を見ると思うし、どんなに売れてもバイトしながらじゃなきゃ音楽できなくなるとか、そういう悲惨なことになるので。

――音楽でも映像でも、ギャラの相場ってみんな知らないんですね。


わかむらP ググっても分からないし、知らないですよね。「ギャラっていくらで請求すればいいんですかね」って相談をされたことがあって、「こんなもんじゃない?」と先方に下げられる前提の価格を言ったら、「やばい、ケタが1つ違う」とか言っていて。「ダメだよ、そんなケタ1つ違う額なんかで請求しちゃ」と。

──それはわかむらさんが言った額より下だったということですよね。

わかむらP そう。特に買い取り(権利移譲)でその金額だったら尚のこと、それはちょっと……と。買い取りじゃなくて印税だったら、また別なんですけどね。それにしてもマスタリングもレコーディングも自分ですることもあるわけだから、そこはしっかり取らないといけないんですよ。

●プロが「ニコニコ動画」で作品を発表する理由

――わかむらさんは本職と趣味で、同じようなことをされてますが、飽きませんか?

わかむらP 中毒なところがあって、Adobeのソフトの立ち上げ画面を見てるだけで気持ちが安らぐんですよね(笑)。常にモノ作りはしていたいというか、自分の中で1人でいる時間、空白の時間が何かしら生産に結び付かないと枯れていくんじゃないかと思うようになって。アイマスMADもその欲求のはけ口なんですね。だから仕事も趣味も辛くないんですよ。むしろ手を止めていることが怖くて。

──実際のアイドルのPVを作りたいと思ったりは。

わかむらP やってみたいとは思うし、実際ちょっと携わらせてもらったこともあったんですけど。お金が発生しちゃうと急に冷めた商業的な目線になってしまって。「その予算内だとコレしかできない」とか、すごく厳しいことを言ってしまったりするんですよ。だから楽しくなくなっちゃうんですよね。

──では、今後も「ニコニコ動画」でMADを作り続けていく。

わかむらP 今はニコニコ動画でやれることを追い求めている状態なんですよね。これまではお金をもらってしまったら出来ないことを、アイマスでやっていたわけですよ。でも、「WAKAMURA RECYCLE VOL.03」でそれをやりつくしてしまったところがあるんです。ただすごい動画だけを作るのでは、満足できないし……。今は、次に何やろうかなって、それを模索しているところなんです。持ってる技術と時間と手間を惜しみなく注いで、何かありえないものをやりたいんですよね。

──まさに、才能のムダ遣いですね。

わかむらP それです、それ! でも最近のニコ動は「ムダ遣い」じゃなくなってきちゃったんですよ。それがちょっとイヤですね(笑)。
(取材・文=ノトフ)

●関連リンク
「ニコニコ動画」内”わかむらP”タグ検索結果

本人 vol.09

すべてはひろゆきからはじまった

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「制作会社に採用されなくてよかった」原作者・竜騎士07の挫折と下克上(前編)
【関連記事】 新時代・あらゆるコンテンツは「ニコ動」でイジられる!(前編)
【関連記事】 「VOCALOID2」とフルカワミキ そして「サイハテ」、ネットとリアルをめぐる冒険

最終更新:2010/01/09 15:00
関連キーワード

トップクリエイターが語る「ニコニコ動画」と「商業」の未来(後編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

 3月15日、お笑い評論家のラリー遠田の著書『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴ...
写真