日刊サイゾー トップ > 芸能  > ZEEBRAのハイチ支援活動に非難殺到 ”出る杭は打たれる”日本のチャリティー事情

ZEEBRAのハイチ支援活動に非難殺到 ”出る杭は打たれる”日本のチャリティー事情

zeebra.jpg『ZEEBRA自伝 HIP HOP LOVE 』ぴあ

 日本ヒップホップ界を牽引するカリスマ・ZEEBRAが、つぶやきサイト・Twitter上で「全国民がやるべき」と呼びかけ、ハイチ大地震の復興支援活動を開始した。「JP2HAITI」なるプロジェクトを立ち上げ、K DUB SHINE、DJ OASIS、RHYMESTERらラップ界の盟友のほか、大沢伸一、EXILEのHIRO、いとうせいこう、さらに、原口一博総務大臣、サイバーエージェントの藤田晋社長らも賛同。「団結は力なり」をスローガンに寄付を募っている。だが、ZEEBRAのそんな活動にTwitter上では、協力者以上に、”フルボッコ”に近い非難の声が寄せられている。ユーザーたちは次のようにつぶやいている。

「ハイチ支援してる奴らって全員偽善者だよね? 特にラッパーやってる奴ら見苦しいんだけど。お前らが曲作ってどうなるの? 現地の奴らは物資の支援を望んでんのに、お前らの話題作りのために美談にしてんじゃねぇよ」

「ちゃんとユウザロックについて発言してるのはDJ OASISだけな気がする。ハイチも良いけど、身近なとこからクリーンにしていかないと届かないでしょ。偽善と思われても仕方ない。なぜ膿を出さないのか?」

 ZEEBRAと親交の深いYOU THE ROCK★が、2月10日に大麻取締法違反の容疑で現行犯逮捕されたこともあり、今回の行動が偽善者扱いされている状況だ。これに対して、ZEEBRAは次のように反論した。

「チャリティーを支援するからといって、別に聖人君子を気取るつもりはありません。私財を投げろとのご要望がありますが、出来る事をするだけです。希望が持てるチャリティーにするべく邁進いたしますので、末永く見守って頂けたらと思います」

 日頃から「マイクを持つことの意義」をリリックにし、非難の声はありながらも、多くの人に影響を与えるアーティストだからこそ、支援を始めたZEEBRA。ある音楽雑誌の編集者は次のように明かす。

「ミュージシャンが災害や戦争への声明を出し行動すると、賛同者と同じくらい、それを偽善扱いする”アンチ”も現れます。GLAYのTAKUROが2003年のイラク戦争開戦の際に、反戦メッセージを新聞各紙に掲載したところ、それを良しとしない団体からクレームが寄せられ、家族やメンバーを危険にさらしたことを著書の『胸懐』(幻冬舎)で明かしています。日本の音楽業界は、そんな”出る杭は打たれる”日本文化を反映して、政治や社会へのメッセージを歌うのが敬遠されています。J-POPの歌詞がベタベタな応援ソングや、ラブソングしかない原因もそこにあります」

 海外アーティストが参加してハイチ支援を行う「We Are the World 25 for Haiti」には、アース・ウインド&ファイアー、ブラック・アイド・ピーズ、セリーヌ・ディオン、ジャネット・ジャクソン、そして、故・マイケル・ジャクソンも映像で参加するなど、盛り上がりを見せている。日本でも、2月23日に音楽プロデューサー・小林武史が、一青窈、Salyuらとハイチ地震救済支援イベントを開催する予定だ。また、3月14日には湘南乃風の若旦那が妻のMINMIと共に『LOVE for HAITI × NEWS ZERO』というイベントを行う。こちらには、ZEEBRAとの確執で知られるDragon Ashが参加する。外野からの反発の声もあることを理解しながら、震災支援への道を踏み出したアーティストたち。ただライブを行って自己完結するのではなく、ぜひ、震災によって困窮にあえぐ被災者たちに募金が正確に行き渡るところまで、面倒を見てもらいたいものだ。

ZEEBRA自伝 HIP HOP LOVE

YOUちゃんの面倒も見てあげて!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 巨額の売上金にBPOも注目 TBS「チャリティーTシャツ」1,200万円の行方は?
【関連記事】 元電通社員の名もちらつく”中田財団”慈善ビジネスの怪
【関連記事】 外国人も呆れる”エセチャリティ”『24時間テレビ』最大の過ちとは

最終更新:2010/02/20 08:00
こんな記事も読まれています

ZEEBRAのハイチ支援活動に非難殺到 ”出る杭は打たれる”日本のチャリティー事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

岡野陽一『R-1』で刻んだ爪跡

 3月に行われた『R-1グランプリ』(関西テレビ系)決勝で、観覧客からひときわ大きな...
写真