日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 「激安宿に泊まりたい!」ドヤ街で一泊1,000円代の宿に泊まってみる
珍バカライター・北村ヂンの【突撃取材野郎!】vol.03

「激安宿に泊まりたい!」ドヤ街で一泊1,000円代の宿に泊まってみる

08.jpg

珍奇なものをこよなく愛するライター・北村ヂンが、気になったことや場所にNGナシで体当たり取材していく【突撃取材野郎!】。第3回は、最近変貌を遂げている山谷の街をぶらり。

 これから春休みシーズンに突入し旅行に出かける人も多いと思うが、ホテルなどに宿泊する料金は一泊どれくらいを想像するだろう。まあ一般的なホテルで一万円前後、安いビジネスホテルでもせいぜい5,000円程度といったところだろうか。ところが世の中には一泊1,000円代、ヘタしたら1,000円以下で泊まれちゃう宿があるのだ。もちろんネットカフェとかじゃないよ。

 その手の激安宿が集まるのが、いわゆる”ドヤ街”と呼ばれる地域。東京の「山谷」、横浜の「寿町」、大阪の「あいりん地区」などがその代表格だろう。ま、要は日雇いのおっちゃんばっかいる街だ。 

 それ故にドヤ街は、宿泊費は安いもののものすごーく治安が悪いイメージがある。現に以前取材で訪れた時は泥酔&フルチンのおっちゃんが歩き回ってたし、先日、田代まさしが寿町に炊き出しに行った時も女性スタッフがケツを触られまくって大変だったとか……。それは、ちょっとやそっと宿泊費が安いくらいじゃあんまり行きたくないな……と思ってたら、どうも最近のドヤ街はそういうイメージを払拭して、外国人バックパッカーなどの旅行者向けの街に変わろうとしているらしい。えーっ、ホントかなぁ……ということで山谷に泊まってきた!

i01.jpg

■ドヤ街の代表格・山谷にやって来た

doyagai01.jpgドヤ街・山谷の中心地。かの有名な泪橋です。

 さて、南千住の駅を降りて徒歩数分。あの『あしたのジョー』にも登場した「泪橋」に到着。この周辺が山谷のメインストリートだ。数年前に訪れた時となーんも変わらない、いい感じに寂れた街並み。さすがに真冬なので、フルチンで歩いているおっちゃんはいないものの、路上に座り込んでパック酒をチューチュー吸っているおっちゃん、花札をやってる(もちろんモロに金賭けてる)おっちゃん、薄汚れた鍋とカセットコンロで得体の知れない料理をグツグツ煮込んでるおっちゃんと、実に味わい深い顔をした人々のオンパレード……。

 これはこれで、非常に興味深い光景なんだけど、こんなの昔っからの山谷イメージドンピシャじゃないの。どこが変わっているというのだろうか。

 街を歩いてみて気づくのは、やはり宿泊費がメチャクチャ安いということ。高くても2,000円代、安いところだと800円なんてのもある。さらにこの辺は飲食費も異常に安かったりするのだ。見かけた中で一番安かったのは150円の「生たまご弁当」。こ、これはッ!

doyagai02.jpg

 買ってみると、まあ概ね予想通りの内容。パックに入ったご飯に生たまごがズーンと添えられているという……。でもそれにプラスして海苔(サランラップで包まれている)や佃煮、梅干しなどもついていて、150円ということを考えればまあまあアリか。周りのおっちゃんたちに倣って地べたにドッカリ座り込んでかっこめば、気分はすっかり日雇い労働者。こんな生活も悪くないかな……なんて思ったりして。いやいや、こんなことしに来たんじゃないんだ。

03.jpg当然、一番人気でガンガン売れてました

■なんとインターネット完備の宿が!?

04.jpgお米屋さんの貼り紙も英語に……「Best、Better、Good、Regular」ってどういう意味!?

 街は依然として「ザ・ドヤ街」といった雰囲気ビンビンなのだが、よーく観察していくと不自然に英語が併記された看板が多いことに気づく。……コレのことか、変わったのって? 申し訳程度に英語の看板つけたところで外国人旅行者が来るのかいな、とは思うものの、設備面でも「インターネット」とか書いてあって驚かされる。

07.jpg

 ちょっと前までネット環境がある宿なんて当然皆無。「カラーテレビがある」か「カラーテレビがない」くらいしか宿を比較する要素がなかった(現にこの辺の宿はやたらと「カラーテレビ完備」という看板を掲げている)ことを思うと、インターネット完備の宿が現れ出したというのはものすごいエポックメイキングなことだ!

 ……ということでこの宿に泊まってみることに。一歩足を踏み入れると、さすがに殺伐とした雰囲気がビンビン。部屋に通されて「テレビを観る時は絶対にイヤフォンを使って下さいね。ケンカになるから」と言われた時には戦慄すら覚えた。2010年になってもやはり山谷は山谷だ。

09.jpgまた、廊下がミョーに暗いんだ……

 さて、それでもせっかくなのでネットを使ってみたいと思うのだが、昭和感漂いまくりの部屋はどこをさがしてもネットの回線が見つからない。棚の上を探ってたら、誰が置いていったんだか分からない靴下を発見。なんじゃこりゃ。

 仕方がないのでインターネットの「イ」の字も知らなそうな風貌のフロントのおっちゃんに「ネット使いたいんですけど」と言うと、無言で小さな紙切れをペロっと手渡された。なんぞコレ? と思ったら、そこには無線LANのパスワードらしき文字列が書き殴られている。あ、無線LANなんだ、ここ。予想以上にハイテク。それにしても、こんなに原始的な無線LANの設定資料見たことないけど。

10.jpgこれが設定資料……

  “ドヤ街”と聞くとやはり抵抗があるかもしれないけど、泊まってみた感想としては、確かに路上には浮浪者風のおっちゃん多めなものの、いざ宿に入っちゃうとかなり快適。これで1500円くらいで泊まれるんだから全然オッケーでしょ。

 ネットカフェのナイトパックでも1500円くらいは取られることを考えると、自分でノートパソコンを持ち込めばネットやり放題だし、シャワーも浴びれる。漫画はないものの、ドリンクバーはアリ(お茶と水しか出ないけど)、そして何よりも布団でちゃんと寝られるドヤ街の宿はかなりアリ。貧乏旅行の人も、ネットカフェ難民の人も、もっと山谷に来るべき!

 ただし、ドヤ街のチェックアウト時間は異常に早いので、そこは注意。朝8時にはドアをガンガン叩かれて起こされるよ。まあ、みんな日雇い労働者だからねぇ……。

05.jpg
部屋は二畳とちょっと。まあ、寝るだけなら問題ないです。
06.jpgこちらがドリンクバー。水とお茶が飲み放題だぞ!

(文・イラスト・写真=北村ヂン)

だから山谷はやめられねえ

言うほど、悪くない。

amazon_associate_logo.jpg

●「突撃取材野郎!」バックナンバー
【第2回】「甘酸っぱい思い出のシンボル……」僕らの愛したブルマーは今どこに
【第1回】アイドル小明と行く、サブカル魔窟『中野ブロードウェイ』

【関連記事】 「感動もトラウマも、すべてここにある」”サブカル聖地”ロフトプラスワンの道標
【関連記事】 辛酸なめ子『セレブマニア』に”下流社会”の深淵を見ちゃった……!?
【関連記事】 日本一文章が書けるホームレス(?)が綴る、泣ける話

最終更新:2012/04/08 23:17

「激安宿に泊まりたい!」ドヤ街で一泊1,000円代の宿に泊まってみるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

女優・小川紗良、初の長編映画

 2019年、連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合)に出演して以降、『フォローされ...
写真