日刊サイゾー トップ > 芸能  > TBSまた捏造か!? 朝鮮学校無償化問題報道のテロップミスでネット紛糾中

TBSまた捏造か!? 朝鮮学校無償化問題報道のテロップミスでネット紛糾中

tbsshaoku0312.jpgTBSのモラルは一体どこにあるの?

 11日に放送されたTBSのニュース番組内で、実際の発言とは違う文面のテロップが表示されるという問題が起こった。

 テロップミスがあったのは、朝鮮学校の無償化問題について行われた記者会見を伝えたニュースの一部。会見で関西大学・李英和教授が、「朝鮮学校の子どもたちのためになることというのは、お金をあげることじゃなくて、学校運営を民主的にして……」と発言している場面に、「朝鮮学校の子どもたちのためになることというのは、お金をあげることですから、学校運営を民主的にするべき」というテロップを被せていた。

 12日に入り、この番組を録画した動画がネット上に出回り始め、問題が表面化。掲示板などでは、「捏造で国民を洗脳とか怖すぎだろ、このテレビ局」「はたしてミスなのか、それとも…」「異常すぎるだろ」など、驚きの声が溢れている。

 TBSは2003年に、石原慎太郎都知事の「私は日韓合併の歴史を100%正当化するつもりはない」という発言の「~はない」以降をカットし、「100%正当化するつもりだ」というテロップを載せて放送。石原知事に名誉毀損で刑事告訴されているほか、06年には、故ヘンリー・ハイド米下院国際関係委員長が小泉首相(当時)の靖国参拝について「行くべきでないと強くは感じない(I don’t feel strongly that the Prime Minister shouldn’t visit the shrine)」という発言に「行くべきではないと強く思っている」と誤訳のテロップを出し、後に「字幕表示に一部正確さを欠く表現があった」と釈明している。

 TBSは今回のミスについて、サイト上に訂正とお詫びを掲載(http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4376652.html)しているが、今回も含め、騒動になっている3度のテロップミスは、いずれも発言の核心部分であり、しかもその内容とは正反対の字幕が付けられている。ネット上ではそうしたミスの傾向にTBSの”意図”を指摘する声も多数寄せられており、騒動はさらに拡大しそうだ。

無責任の構造―モラル・ハザードへの知的戦略

モラルもジャーナリズムもセンスもなし……。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 TBSの元女性芸能リポーターが傷害で書類送検 局側の無責任対応に被害者激怒
【関連記事】 幸満ちゃん殺害事件の裏にTBSのモラルなき蛮行
【関連記事】 AV嬢だった!? TBS『余命1ヶ月の花嫁』をめぐる騒動の裏側

最終更新:2010/03/12 16:26

TBSまた捏造か!? 朝鮮学校無償化問題報道のテロップミスでネット紛糾中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

フジHD、株主総会で怒号の嵐

 毎年「荒れる」といわれているフジ・メディア...…
写真
インタビュー

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!?

 新型コロナウイルス感染拡大の騒動により、すっかり忘れ去られてしまった感のある東京オ...
写真