日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「結局、真相は闇の中」矢田亜希子復帰会見に見る芸能界のパワーゲーム

「結局、真相は闇の中」矢田亜希子復帰会見に見る芸能界のパワーゲーム

yatahptoyota.jpg公式HPでは晴れやかに笑う矢田さんですが……。

 元夫の押尾学の事件を受け、女優活動謹慎を強いられていた矢田亜希子が、3月17日、事件後初めて、スポーツ紙数社のインタビューに応じた。

 だが、他のマスコミ関係者からは「”芸能界のドン”の威光を傘にした、一方的なインタビュー。納得がいかない」という批判の声が上がっている。

「矢田は、フジテレビのドラマ『刑事・鳴沢了~讐雨(仮)』で女優復帰する。それに先駆けてマスコミの取材に応じることは必須でしたが、押尾事件の深層部分を追及されたくないために、芸能界のドンの息の掛かった”御用”スポーツ紙だけインタビューに応じた。これでは押尾に殺されたも同然のホステス・田中香織さんの遺族は納得しませんよ」(芸能ライター)

 今回のインタビューで、矢田は事件について、押尾の犯罪を「見抜けなった自分が情けない」と語っている。

「田中さんの保護責任者遺棄致死についてはともかく、押尾がクスリをやっていたことをまったく感づいていなかったというのはあまりにも不自然。2人が通っていた渋谷の美容院では、矢田にもドラッグ疑惑がささやかれていたほどですからね。復帰会見を開けば、ドラッグについて追及される恐れがある。押尾の不倫問題についても、いろいろと突っ込まれたでしょう。それで、質疑応答なしのインタビューに応じた。というより、事務所が仕掛けたんですよ」(芸能関係者)

 矢田の所属事務所は”芸能界のドン”といわれる大手芸能プロに近いと言われている。矢田が周囲の大反対を押し切って、押尾と結婚。同時に押尾が所属の「研音」を追われて、事実上の芸能界追放になったのは”ドン”の力が働いたとも言われていた。

「押尾と離婚した矢田を一日も早く、復帰させてやりたい。そのためには押尾関連のダーティイメージを払拭したい。それで、ドンの息が掛かったスポーツ紙が選ばれたんです」(夕刊紙記者)

 田中さんが勤めていた銀座のクラブ関係者は「元妻として事件に責任を感じているなら、せめて、押尾の保護者責任遺棄致死罪の第1回公判が終わったあとにするという配慮が欲しかったですね」と言う。

 矢田、これで”一段落”というわけにはいかないだろう。

矢田亜希子DVD付写真集 「BLOOMING」

「押尾? 知らない……」

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「押尾学の頭を殴っていた」矢田亜希子が進まぬ復帰計画にブチ切れ中!?
【関連記事】 矢田亜希子の早過ぎるドラマ復帰 「次は濡れ場」という声も!?
【関連記事】 「りあむ」に「すかい」 増加する”イラネーム”に占い師も苦笑

最終更新:2010/03/23 11:47

「結局、真相は闇の中」矢田亜希子復帰会見に見る芸能界のパワーゲームのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

動機なき連続殺人鬼の記録映画

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

 日本のクールジャパン政策、中でも映画やアニメなど映像産業の振興政策がうまくいってい...
写真