日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 鳥居みゆきさんの至言「やりたくないこと、やらないだろうな、ってことをやるの」(後編)
【第11回】小明の「大人よ、教えて!」"逆"人生相談

鳥居みゆきさんの至言「やりたくないこと、やらないだろうな、ってことをやるの」(後編)

torii_akari03.jpg

前編はこちら中編はこちら

──あの、もう一度幸せの話をしてもいいですか?

 えー。もういいんじゃないかな。

──この先、こんなんでちゃんと真っ当に生きていけるのかな、とか不安で。

 それは今が真っ当なんじゃないですか? 「真っ当に生きたい」って言ってる人って、「真っ当に生きてると思われたくない」人です。

──……わ! すごい! そうかもしれないです! 

 だからそのままでいいんです。

──なるほど。鳥居さん、深いです! ありがとうございます!

 うん。……わたしが不快だ!?

──違いますよ! 話を戻して、今回はワースト編とベスト編が出るわけですけどもDVDのアピールを……。

 『表ワースト』と『裏ベスト』でしょ。プラマイゼロなの。

──あ、はい、すみません。ではまず『裏ベスト』のお話を……。

 ふーん、ブタペスト。

──え?

 ブタペストです。

──いや、あ、裏ベストです。

 アラベスクです。

──アラベ……?

 ホロコースト。

──はい。

 アスベスト。

──いろいろと問題ですね。

 タイトルやっぱり『ホロコースト』と『アスベスト』にしよう。

──そんなDVD出ないですよ!

 ふふん。

──DVDではよく「鳥居ワールド」って言葉が使われることに憤ってましたね。

 ワールドなんて嫌だ!

──よく言われてますよね、「どこにあるんだよ!!」って。

 杉並区にあります。

──あ、意外と近いですね。

 うん、ふふ。

──やっぱり、そういう枠でくくられるのは嫌ですか?

 嫌です。だから、わたし、やんないだろうな、って思ってることをやりたい。だから最近、漫談もやったし。でも、やりたいと思ってやったから、もうやりたくない。すぐ飽きちゃうよ。だから今度はクレイアニメやりたいです。

──また極端に変わりましたね。楽しそうですが。

 うん、クレイアニメで、粘土を粘土のまま出すんです。それで『みにくいアヒルの子』をやるんです。でもぜんぶ、粘土は粘土だから。

──シュールですね。

 はい、それがわたしの命を守ってくれるんです。

──そこはベタですね。粘土じゃ死ぬと思いますけど……あっ話変わるんですが、DVDで言ってた、通販で買ったおっぱいの大きくなる薬って効いてますか?

 効いてないです、もう飲んでません。

──飽きましたか。

 飽きちゃった。なんかー、そんな必要かなー? って思った。

──まあ必要ではないですよね。

 確かに、昔、男の子に「お前の胸アスリートじゃね?」って言われたことありますけど。だからって、ねえ? いいじゃないですか。ねえ?

──ええ、おまえには関係ないよって感じですよね。

 ねえ? 「超気持ちいい!」(北島康介風)って。

──ふはっ! いい意味じゃないですか、もう。そりゃ必要ないわ。

 でしょ。

──あと、結婚について語られてる回もあったじゃないですか。普段あんまり生活感を出されないんで、そういうのを聞かれるのって、嫌じゃないですか?

 別にぜんぜん(足をブラブラさせながら)。でも、いっこあるのは、テレビとかに出て、「ほんとはラブラブでしょ?」って言われたときに、あーここはラブラブって言ったほうが面白いんだろうけど、そんなエピソードねえ! って思って。ほんとにそんな感じじゃないから、そういうときは変な顔してんだろうなーとか、思います。

──なるほど。ちなみにどういうタイミングで結婚しましたか? なんかこう、タイミングってあると思うんですよ、ここだ! みたいな。

 一番「今じゃねーだろ!」って思ったとき。

──えええ。

 ふふ、天邪鬼なんだね。

──DVDでも「好きな人ができてー家庭をつくってーっていうのがクソ食らえだ!!」って言ってましたね。

 はい! そんな感じです。

──そんな感じで、夫婦生活はうまいこと行くもんなんでしょうか?

 はい、夫婦生活は別にうまくいかなくても、自分ひとりが楽しけりゃいいんじゃないですかね。

──夫婦ってもっと大変なもんだと思ってました。通帳とかも共同で……。

 共同にしないですよ、自分で稼いだ金は自分のものだね、あっちが稼いだ金も、半分はわたしのものだね。

──あはは! ジャイアンですね。

 確かにねー、土管で歌ったりしちゃう。

──中島みゆきとかを。

 歌っちゃうー。

──カラオケ的なものとかは?

 行かなーい! そういうとこに行って金払って歌わなくても、別に、いつでも歌えるってことに気づいたんです!

──まちがいないです! 私もそうで、iPodとかももう聴く気しないですもんね。

 聴くよ。

──聴くんですか。なんか耳に入れたりするのがめんどくさくなっちゃって。

 そうそう、歌っちゃえばいいと思うよ、わたしだから、嘉門達夫の『替え歌メドレー2』とか、普通に歩きながら歌うよ! キャ~~ラメルひろたら箱だけ~~~♪(は~~るばるきたぜ函館~~~♪のメロディで熱唱)

──じゃあ仕事後は仲のいい人とかと。

 行きません!

──プライベートとかではどうですかね。

 行きません!

──学生時代の友人とかとは。

 いません!

──楽屋に呼ぶ人とか。

 いません! いません!

──あの~。

 いませんー、いーまーせーんー(泣)。

──完全に飽きてますよね。

 もう! あき竹城! よく分かるね!

──そこだけはすごく分かるようになりました! 今日はありがとうございました!

 はー、いっぱいしゃべった。それじゃ、良いお年をね。(対談時、2月)
(取材・構成=小明)

●鳥居みゆき(とりい・みゆき)
1981年、秋田県生まれ。07年前後に、白いパジャマでテディベアを抱えた「マサコ」キャラでブレイク。以降、テレビ、映画、ラジオなど幅広い活動を続けている。3月25日にDVD『鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ「表ワースト」編』『鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ「裏ベスト」編』(Contents League)発売。

●小明(あかり)
1985年、栃木県生まれ。02年、史上初のエプロンアイドルとしてデビューするも、そのまま迷走を続け、フリーのアイドルライターとして細々と食いつないでいる。初著『アイドル墜落日記』(洋泉社)、DVD『小明の感じる仏像』(エースデュース)発売中。
ブログ「小明の秘話」<http://yaplog.jp/benijake148/

鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ「表ワースト」編

絶賛発売中です。

amazon_associate_logo.jpg

鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ「裏ベスト」編

アスベストではありません。

amazon_associate_logo.jpg

小明の「大人よ、教えて!」”逆”人生相談バックナンバー
【第10回】  宇多丸さんの至言「人にはだいたい『ちょうどいい』ところがあるんです」
【第9回】  桜木ピロコさんの至言「あたしいつもだいたいいやらしいことしてるもん!」
【第8回】 伊集院光さんの至言「結局、うんこを食うしかない状況になるんです」
【第7回】 ルー大柴さんの至言「ライフっていうのはマウンテンありバレーありです」
【第6回】 大堀恵さんの至言「私、いつも『アンチ上等』って思ってるんです」
【第5回】 品川祐さんの至言「なったらいいなと思ってることは、だいたい実現する」
【第4回】 福本伸行さんの至言「俺は『面白いものを作ろう』じゃなくて、作れちゃう」
【第3回】 大根仁さんの至言「ネットの書き込みなんて、バカにしていいんじゃない?」
【第2回】 杉作J太郎さんの至言「そんなことより『ファフナー』見ろ、『ファフナー』を」
【第1回】 河原雅彦さんの至言「もう無理やりヤラれちゃえばいいんじゃない?」

最終更新:2018/12/19 15:05

鳥居みゆきさんの至言「やりたくないこと、やらないだろうな、ってことをやるの」(後編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

次世代コント「ゾフィー」の野望

「ネタの状況設定が本当に面白い。宝物みたいな設定」。コントのトップランナー・東京03...
写真