日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 近隣住民激怒、警察も出動!! AKB48握手会、暴徒と化すピンチケvs.糞運営

近隣住民激怒、警察も出動!! AKB48握手会、暴徒と化すピンチケvs.糞運営

shinkyoktachiakb.jpg『神曲たち』キングレコード

 3月24、25日に横浜アリーナで『満席祭り希望 賛否両論』を開催し、平日にもかかわらず、25日の昼公演を含む3公演をSOLD OUTにしたアイドルグループ・AKB48。最終公演では、メンバーが芸能界で認められたことを意味する”所属事務所の移籍”が22人一挙に発表されるというサプライズも行われた。そんなエンタテインメント界を牽引する存在となったAKB48が4月1日、2日、シングル「桜の栞」発売に伴う握手会をよみうりランドで開催した。

 1日には会場に1万2,000人以上のファンが集結し、前田敦子ら選抜メンバー12人が2人ずつ6列に分かれ、ループするファンを含めのべ約2万回(メンバー一人あたり約3,333回)握手を行った。だが、握手会の前に行われるミニライブを少しでも前で見ようと18歳未満の深夜外出不可が条例で定められている10代のファンが前日深夜から会場周辺に集結。近隣住民から苦情が殺到し、警察も出動する騒ぎとなっていたという。AKB48劇場支配人・戸賀崎智信氏が更新するAKB48公式ブログで、前日午後7時に狂信的なファンに警告した。


「本日、この時間で既に読売ランドで並びを開始されている方がいらっしゃると聞きました。既に、読売ランドからも、近隣の住人からも苦情が殺到しています。昨日、『応援することの意味』をファンの方達に問いただしたにも関わらずです。まだ、これから終電で会場に向かう方人もいるのかもしれません。その人達にはっきり言います。今から並んでいる方の入場順が早くなることはありません。現在、明日の運営チームと約束を守らない人達をなくす為の会議をしておりますので断言します」

 30日に行われた大阪・千里セルシーでの握手会も大混乱で、握手券持ってない集団がゲートを強行突破したほか、盗撮も行われ、さらに、新大阪駅でメンバー待ち伏せし、ホームまで追いかけるというストーカー同然の行為に出た。戸賀崎氏は「これが『応援』する事だと思っている人を僕は『ファン』だと思いたくありません」と宣言。「『応援すること』の意味は『メンバーの笑顔を守る事』」と説諭したばかりだった。だが、よみうりランドには19時の警告後もファンたちが集結。午後11時にブログで「最後通告」を行った。

「先程の呼びかけにも関わらず、続々と徹夜組が増えている状況らしいです。先程、所轄の警察署から運営をお願いしているイベント会社に確認の電話がありました。大変、残念なことではありますが、迷惑行為で検挙される方が出る可能性があります。もちろん警察の方には『AKBの運営としては、徹夜はしないことをお伝えしているのでそこにいらっしゃる方はファンではありません』とお伝えしました」

 徹夜した人間はファンではないとみなし、断固たる姿勢をとった戸賀崎氏及びAKB48運営。実際、徹夜組にはあるペナルティが課されたという。握手会に参加したAKB48劇場通い4年5ヶ月の”古参ヲタA氏”は次のように明かす。

「最終的に1万2,000人のファンが集結しましたが、消防法の関係もあり、実際会場内に入れるのは8,000人。そこで、運営は徹夜組に”隔離政策”を取り、始発が動いた5時15分以降に来たファンを先に会場入りさせ、徹夜組は最後尾に着けるという荒業に出ました。おかげで徹夜組はミニライブまでに会場入りできず、”ざまあm9″という感じでしたね。2日目の4月2日はその処置が功を奏し、徹夜組は大幅減少しました。それでも、列に並びながら、明らかに10代なのにタバコを吸ったり、カップラーメンを食べて汁を残してそのまま放置したり、まったくゆとり世代のピンチケ(AKB48劇場の一般より1,000円安い中高生用のピンクチケットに由来)のアナーキーさには、閉口ですよ。その上、ミニライブの自分が座った席をネットを介して売りに出す輩まで出現。もうカオスの極みですね。そんなガキンチョたちをカモとして、会場周辺の駅には違法写真、海賊版グッズを売る屋台も出没。ピンチケたちが群がってました。肖像権にうるさい音事協(日本音楽事業者協会)所属の芸能プロダクションのメンバーも多いAKB48なのに、取り締まらないのが不思議でならない。アイドルの応援は”紳士の嗜み”だと思っていたんですが、AKB48は完全に子どもの遊び場になりましたね」

 春休みのよみうりランドということで、無軌道な若者たちが浮かれ気分でハメを外してしまったようだ。メンバーたちは途中休憩を挟みながらも、立ちっぱなしで6時間にわたって握手を行い、ファンと交流。人気メンバーが1日8時間、1,000人と写メを撮った3月13、14、22日の”写真会”に続き、メンバーに自分の名前を覚えさせようとする厄介ヲタの”認知厨”の激増に耐えながら笑顔で怒涛の日々を乗り切った。AKB48のスピンオフユニット・渡り廊下走り隊の握手会では、3月17日の名古屋に続き、3月20日に行った東京ドームシティでの握手会でも偽造握手券が出回ったことが発覚するなどもはや”事件”となっている。一方、自ら大容量のゴミ袋を持参してゴミを拾い、環境美化に務めるファンも出てきた。今後もAKB48として、4月4日に愛知で握手会、5月22日、23日にはアルバム『神曲たち』発売記念の”サイン会”も開催するが、平穏無事に行われることを願いたいものだ。

神曲たち

2年半ぶりのベスト。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
チーム解散&再編成のAKB48 ”糞運営”がまたも新内閣の大幅遅延を発表
AKB48「喜び組」問題の裏に無節操プロデューサー・秋元康の金満体質
AKB48ヒエラルキーが判明!! 最新の”運営推し”ランキング公開でヲタ騒然

最終更新:2013/01/29 12:35

近隣住民激怒、警察も出動!! AKB48握手会、暴徒と化すピンチケvs.糞運営のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【サイゾー筋トレ部】始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

新型肺炎はペストではない!

今週の注目記事・第1位「安倍首相補佐官<和泉...…
写真
インタビュー

岡野陽一『R-1』で刻んだ爪跡

 3月に行われた『R-1グランプリ』(関西テレビ系)決勝で、観覧客からひときわ大きな...
写真