日刊サイゾー トップ > 芸能  > 蒼井そらが中国のTwitterで大人気! AVから始まる日中交流

蒼井そらが中国のTwitterで大人気! AVから始まる日中交流

aoisora.jpg『蒼井そら ネイキッドビーナス蒼井そら』
ビーエムドットスリー

 アニメやゲームと並んで、中国で人気の日本のコンテンツ・アダルトビデオ。ポルノ規制が厳しい中国ではあるが、その監視の目をかいくぐり、日本のAV女優たちに夢中になっている男性が多いという。

 そんな中、人気AV女優・蒼井そらのTwitterが中国で話題になっている。今月11日の蒼井のツイートによると、「中国圏で私のツイッターIDが流れたみたいで、一気にフォロワーが3000人を越した!今も増え続けてる」とコメント。その後もフォロワー数を伸ばし続け、13日現在、2万2,000人越え。日本人よりも外国人フォロワーが多く、「自分のアジア人気にビビってたりします、笑。中国、台湾、香港、韓国、タイからのメッセージを確認。もちろん英語圏からも」という。蒼井は現在、英語を勉強中で、英文ブログ「今日の”裏”SOLA模様」も開設しているため、英語はもちろん中国語や韓国語も交えながらツイートしている。

 中国のAV事情に詳しい人物は話す。

「中国では日本のAVはほとんど海賊版なので、実際、どの程度流通しているのかは分かりませんが、AV女優の人気が高いことは間違いないです。90年代を代表するAV女優・夕樹舞子が訪中した際には大変な騒ぎになりましたし、昨年、中国大手検索サイト百度の『美女検索ランキング』『女性スター検索ランキング』で小澤マリアが1位を獲得したこともありました。日本のAV女優はバツグンにかわいいですし、同じアジア圏で親近感が沸くのか、白人より人気が高いみたいですよ」

 また、こんな話も。

「日本のエッチなおもちゃって、秋葉原や新宿など限られた場所の怪しげなビルの一角にある場合が多いですが、中国では富裕層が住むエリアにお店があったりします。日本製だから値段もそこそこしますし、日本のエロカルチャーに詳しいことが一種のステイタスになっているのかもしれませんね(笑)」(アダルト雑誌編集者)

 中国では、近年ポルノに対する規制が厳しくなり、次々と規制条例が作られている。しかしその一方で、中国でAVを表す単語”A片”をネットで検索すると、ズラッと関連サイトがヒットするというのが現状だ。「日本は嫌いだが、AVは大好き」という中国人も多く、「日本のAVがなかったら中国の性教育はないに等しい」という声も。今後、AV女優をきっかけに、日中交流が盛んになる日が来るかもしれない!?

蒼井そら ネイキッドビーナス蒼井そら

国際エロテロリスト?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
 エイベックスまた激震! 元所属歌手のAV転向で女性タレントの”夜”が暴かれる!?
 スーパーアイドル・みひろが語る演技、AV、家族、処女小説
 AV引退の紅音ほたるが語る「今後の夢」と「あのブログ事件」

最終更新:2014/03/03 15:51

蒼井そらが中国のTwitterで大人気! AVから始まる日中交流のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

団地発ラップのGREEN KIDS

――2018年12月、いわゆる改正入管法が成立したわけだが、今、日本で働く外国人の環...
写真