日刊サイゾー トップ > 芸能  > 競馬界最大のタブー! ”落馬療養中”武豊の早期カムバック宣言に冷ややかな声

競馬界最大のタブー! ”落馬療養中”武豊の早期カムバック宣言に冷ややかな声

takeyutaka0510.jpg貴公子ももう41歳。

 誰もが認める競馬界のスター騎手と言えば、武豊だ。これまであまたの重賞レースを制し、日本競馬界に”王様”として長らく君臨している。当然、武豊のゴシップはタブー中のタブー。だが、ここにきてその風潮にかすかな異変が生じてきているという。

 武は春のG1シリーズを目前にした3月27日、阪神競馬場で行われた毎日杯で騎乗馬が故障し落馬。右肩骨折などの大ケガを負い、春のクラシックレースの大一番である日本ダービー(5月30日)への騎乗が絶望視された。競馬関係者は「死んでもおかしくない事故でした。全治3カ月は要する重傷で、誰もがダービー騎乗は無理だと思いました」と述懐する。

 しかし、そこは”鉄人”武豊。奇跡的な回復と懸命のリハビリによって、タービーに間に合う可能性が出てきた。本人も6日付の自身のブログで「大一番に向けてのメドは立っています」と気合十分だ。

 ここまで武が早期復帰に意欲を燃やすのは、お手馬であるヴィクトワールピサがクラシック初戦の皐月賞を”代打”岩田康誠騎手を背に快勝したからだ。

「武さんクラスのジョッキーでも日本ダービーで有力馬に乗れるチャンスはめったにない。何とか間に合わせようと必死ですよ」(専門誌記者)

 ”天才ジョッキー”と呼ばれる武と皐月賞を制したヴィクトワールピサのコンビが復活すれば、まさに鬼に金棒。オーナーや調教師もニンマリ、競馬ファンも予想が楽になるかと思いきや……、実際は武の早期復帰に関係者は微妙な心境という。というのも、ここ1~2年、武の”老い”が目立つようになってきているというのだ。某競馬記者が声をひそめて語る。

「数年前までは非の打ち所がない天才騎手でしたが、度重なる落馬による後遺症と腰痛の悪化で、近年の成績は騎乗馬のレベルを考えると決して良いとはいえません。昨年には、長らく守ってきた年間リーディングジョッキーの座を別の騎手に奪われてしまった。ここだけの話、落馬事故の前から肩の状態は悪くて、まともに馬を追えなくなっていたんです。それがケガでさらに悪化した可能性がある。ダービーは最高峰のレース。急ピッチでリハビリを進め、無理矢理レースに間に合わせるようなことはしないで欲しいというのが、関係者や競馬ファンの本音でしょう。ブランクもありますしね」

 これまで、こうした声は思っていても決して声には出せなかった。しかし、ここ1~2年の武の”老い”は誰の目にも明らか。ついには週刊誌や専門誌でも取り上げられるようになってしまった。

 「若手騎手も着々と育っている。武さんが”絶対王者”と言われる時代は終わった」とは別の競馬雑誌記者だ。ファンとしてはダービーで復活し、最初にゴール板を通過する武のドラマチックな姿を待ち望んでいるのだが……。

武豊を絶対に買うな!

過激なタイトルもカリスマの証。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
武豊の『ごくせん』出演は芸能界入りへの布石か!?
三浦皇成19歳のケジメ ほしのあきとの熱愛に激怒した厩舎から独立の裏事情
競馬界から追放されたほしのあき ”競馬番組アイドル”を襲う没落の系譜

最終更新:2010/05/10 11:06
こんな記事も読まれています

競馬界最大のタブー! ”落馬療養中”武豊の早期カムバック宣言に冷ややかな声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

超問題作で大型新人監督がデビュー!!

 障害を抱えた兄妹が、犯罪に手を染めることで生きていく。片山慎三監督のデビュー作『岬...
写真