日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 過去には奇矯な行動も……結婚した大塚愛にささやかれる「ある不安」

過去には奇矯な行動も……結婚した大塚愛にささやかれる「ある不安」

aiohtsuka.jpg『LOVE JAM』エイベックス・マーケティング・
コミュニケーションズ

 Jポップ界で、”歌姫たち”の結婚報道が続いている。「デキちゃった婚」が判明した木村カエラに続き、先日26日には大塚愛とRIP SLYMEのSUが入籍したことを双方の所属事務所が発表。同時に公表された自筆の手紙では、「愛する人のそばで成長したい」と大塚が綴る一方、「大塚さんのファンやスタッフに申し訳ない気持ちでいっぱいです」と、SUが謝罪とも取れる表現を用いたことも話題を呼んでいる。

 SUがこうした手記を発表した背景には、浜崎あゆみや倖田來未の人気が凋落する中で、ライブで安定した動員数を誇る大塚愛がエイベックス社の有力な収益源となっている現状に配慮した、との声も出ている。

「恋愛の教祖的なポジションへと転換を図っている現在の大塚愛は、男性ファンばかりだったデビュー時とは異なり、女性ファン層に支えられています。バツイチのSUとの結婚が女性ファンにどう受け止められるのか未知数の部分も多く、周囲はピリピリしているようです」(マネジメント関係者)

 さらにささやかれるのは、大塚愛の過去の恋愛への配慮だ。あるイベント関係者は次のように語る。

「SUさんが恐縮しているのは、エイベックスの現役幹部スタッフでもある大塚さんの元彼氏に配慮した面もあるのではないでしょうか。数年前まで、大塚さんとスタッフのAさんが交際関係にあったのは、ファンにも知られた事実でしたからね。その後、大塚さんには別の交際報道もありましたが、大塚愛=社内恋愛が定説でしたから」

 なお、デビュー直後の大塚愛は、急激に売れっ子となったプレッシャーからか、しばしば奇矯な行動でも話題となった。ラジオの収録現場で奇声を発した、撮影中に倒れて動かなくなった……などのエピソードは数多い。もっとも、最近は性格も穏やかになり、落ち着いた態度で仕事をこなしていたという。

「そこで心配なのは、SUさんとの結婚生活です。バツイチで木村カエラとの交際経験もあるSUは、名うてのプレイボーイ。彼の浮気発覚などということになったら、昔の”不安定な大塚愛”に戻ってしまうかもしれない。それこそスタッフ的には大問題でしょう」(先のマネジメント関係者)

 交際期間わずか半年でゴールした二人だけに、”恋の熱情”が冷めた瞬間が心配だ。
(文=石田和宏)

LOVE JAM

大塚愛に憧れる女っているの?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
「1年持たない!?」大塚愛と熱愛発覚のリップスライム・SU”下ネタ連発”の素顔
音楽不況ここに極まる……あゆ、テルマ、大塚――人気者のCDがまったく売れない!
「意外に肉食!?」木村カエラ、宇多田ヒカル……Jポップ女性アーティスト恋愛事情

最終更新:2010/07/03 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed