日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「人気キャスター宮根にオファー断られ……」フジテレビ 参院選特番で惨敗

「人気キャスター宮根にオファー断られ……」フジテレビ 参院選特番で惨敗

mrsunday_miyane.jpg『Mr.サンデー』公式サイトより

 民放各局がしのぎを削った参議院選挙特番だが明暗が分かれた。日本テレビの『ZERO×選挙2010』が9.7%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)でトップ。テレビ東京の『池上彰の選挙スペシャル』も9.2%を記録し2位となるなど意外な結果となった。

 そんな中、唯一、8%台の低視聴率で最下位となったのがフジテレビの『FNN踊る大選挙戦2010』だが、惨敗の裏には宮根誠司を巡る局内の綱引きがあった。

「フジは昨年の衆院選挙特番の際に最下位となったこともあって、今回の参院選は春から特番チームが召集され、徹底的に対策を練るなど気合の入りようも半端じゃなかった。映画の公開に合わせて6年ぶりに『踊る大選挙戦』とうち、サプライズとして、話題性抜群の宮根誠司にキャスターのオファーを出しましたが、ギリギリまで待ったが色よい返事をもらえず見送ることに。スペシャルゲストなどを用意することもできず、いつものメンバーで挑んだ結果、見ての通りの惨敗。担当者は頭を抱えています」(フジテレビ関係者)

 ここで気になるのが、宮根とフジテレビとの関係。同局『Mr.サンデー』のキャスターを務めるなどフジとのパイプは太く、宮根がオファーを簡単に蹴ることは考えにくいところだが……。

「局をあげて『Mr.サンデー』のオファーを出し、口説いたこともあり、宮根については上層部のマターとなりました。『とくダネ!』の小倉、『めざましテレビ』の大塚など、フジはベテランキャスターが多く、その処遇をどうするかは、ここ数年の大きな問題となっています。どの番組かはともかく、宮根を情報番組の顔に据えることは規定路線となっており、プロデューサレベルでも、おいそれとオファーを出すことが難しくなっています。選挙特番で視聴率を取れれば見返りは大きいですが、失敗したとなると傷がつく。そんなこともあって、宮根サイド、局の上層部ともにオファーに対し首をタテに振らなかったようです」(前出・フジテレビ関係者)

 民主党同様、フジテレビにも惨敗の総括が必要なようだ。

俺たちニュースキャスター

がんばれ、オグさん!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
「”ひも付き”司会者……」エビちゃんスクープで宮根誠司が総スカン?
“芸能界のドン”主導でスクープ量産の『Mr.サンデー』とテレビマスコミの未来
「芸能界のドンも参戦!?」ミヤネvs小倉智昭 キャスター戦争勃発!

最終更新:2010/07/15 08:00

「人気キャスター宮根にオファー断られ……」フジテレビ 参院選特番で惨敗のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

若者へのドリーム・ハラスメント

「夢を持て」とよく言われる。しかし、夢を叶えられる人ばかりではないし、社会経験もない...
写真