日刊サイゾー トップ > 芸能  > 押尾学事件 被害者・田中香織さんの勤めていた銀座の高級クラブが閉店へ

押尾学事件 被害者・田中香織さんの勤めていた銀座の高級クラブが閉店へ

oshiomanabu_0201.jpg事件発生から約1年。まだまだ真相は
闇のなか。

 合成麻薬の譲渡ならびに銀座ホステス・田中香織さんに対する保護責任者遺棄致死の罪に問われている元俳優・押尾学被告。初公判を9月4日に控え、被害者の田中さんが勤めていた銀座8丁目の高級クラブ「ジュリア」が7月いっぱいでクローズすることになったという。

「押尾事件の後、客足はぱったりと遠のきました。押尾さえ店に来なかったら、香織さんが死ぬこともなかったし、夢だった銀座のクラブママになっていたかもしれない。残念でなりませんよ」(クラブ関係者)

 田中さんは六本木や新宿のキャバクラで働いたあと、憧れの銀座高級クラブ「ジュリア」にスカウトされ、「麗城あげは」という源氏名でホステスとして勤めていた。入店してすぐにナンバーワンになるなど、将来を嘱望されるホステスだったという。

「あげはは、将来は銀座のママになると言って張り切って働いていました。飛騨高山からご両親を呼んで東京見物をさせたり、親孝行な女性でしたよ。いずれはチェーン店のママにする予定だったんです」と打ち明けるのは、田中さんをスカウトしたクラブ幹部だ。

「押尾のせいですべてが変わってしまった。押尾を連れてきたスポンサーにも道義的責任はあると思いますが、あれから1度も連絡がありません」(同クラブ幹部)

 田中さんの死後、クラブのスタッフは営業努力を重ねてきたというが、風評被害には勝てなかった。押尾が起こした事件によって失われたものの代償は、あまりにも大きいようだ。

銀座ママの給与明細

出版業界も水モノ。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
「結局、真相は闇の中」矢田亜希子復帰会見に見る芸能界のパワーゲーム
「押尾以上の大物を引っ張れ!」終わらない押尾学事件と朝青龍事件 その点と線
完全否認の押尾学被告 事件発生直後に小沢一郎の”元側近”に電話していた

最終更新:2010/07/27 08:00
こんな記事も読まれています

押尾学事件 被害者・田中香織さんの勤めていた銀座の高級クラブが閉店へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

25歳素人童貞の果てなき風俗愛

 19歳で風俗初体験をして以来、7年間にわたってネットに風俗レポートをアップし続けて...
写真