日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 夏まゆみが教えてきたのは「身体を使った、”人間が輝くための表現方法”」
「モーニング娘。」「AKB48」を立ち上げた"最強のコリオグラファー"降臨!

夏まゆみが教えてきたのは「身体を使った、”人間が輝くための表現方法”」

 サイゾー8月号に掲載された特集企画「アイドル人気はダンスで決する!!」のスピンオフ企画として、あの夏まゆみがプレミアサイゾーだけに登場!! 現代アイドル界の二大巨頭、つんく♂率いるハロー!プロジェクト、そして秋元康率いるAKB48の、振り付けのみならず、立ち上げ時のプロデュース業務にも関わった同氏は、現代アイドル業界の最重要人物のひとりといっても過言ではなかろう。

 インタビューが始まると、開口一番「私、ダンスの振付師ではないんです」と発言した彼女。はたして、その真意とは?

natsu_nikkan.jpg(撮影/田附愛美)

──夏先生がいちばん最初に振り付けを手掛けたアイドルというと、どなたになるのでしょうか?

夏まゆみ(以下、) 中森明菜ちゃんですね。彼女をアイドルとするならば、ですが。「Femme Fatale」(1988年)というコンサートツアーの一部分を担当しました。ただ、私は今まで、「アイドルだから」という意識でタレントさんの振りをつけたことは一度もありません。たまたま、私が振り付けしたものの一部が、モーニング娘。であったりAKB48だったり、というだけであって。だから、「アイドルの振付師」といわれても、少しとまどってしまいます。

──『ASAYAN』(テレビ東京)での、初期モーニング娘。に対する厳しい指導風景によって作られた、「夏まゆみ=ハードなレッスンをする振付師」というイメージにも、かなり悩まれたそうですね。実際には、かなりテレビ上の演出が入っていたということで。

 ただ実際、素人同然のアイドルに対して、単なる振り付けのみならず、人前でパフォーマンスをすること全般に対して指導していく、というお仕事で実績を残されているのも確かですよね。

 明菜ちゃんなどをやっていた当時は小劇団が流行っていて、そういうところで、役者さんに振りをつけていくというお仕事なんかもやっていたんですね。それから、素人の方へのダンスレッスンなんかも。そういうお仕事をやっているうちに、まったくダンス経験のない方が踊るダンスというものに、心打たれるようになったんです。”型”がない分、非常に自由で素直というか。そういった経験が、今の自分のやっていることに大きく影響しているのかもしれませんね。

最終更新:2010/09/01 18:30
こんな記事も読まれています

夏まゆみが教えてきたのは「身体を使った、”人間が輝くための表現方法”」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真