日刊サイゾー トップ > 芸能  > アニメ版『バクマン。』の制作 は”小学館集英社”? 出版大手二社が手を組む深いワケ

アニメ版『バクマン。』の制作 は”小学館集英社”? 出版大手二社が手を組む深いワケ

bakumannhk.jpgNHK「アニメワールド バクマン。」より

 10月からNHK教育で放送しているアニメ『バクマン。』を見ていたところ、こんなクレジットに目がとまった。

 <制作・著作 小学館集英社プロダクション>

 ”小学館集英社”!? そもそも集英社そのものが、小学館の娯楽雑誌部門を出自にもつ、いわゆる”一ツ橋グループ”と呼ばれる企業のひとつなので、親子というか親戚というかの関係ではある。しかし、基本的には完全に別個の出版社だった2社が、ひとつの名前にまとまっている。『バクマン。』と言えば、集英社の看板雑誌「少年ジャンプ」の看板作品のひとつ。ジャンプマンガのアニメに「小学館」の名前が出ていること自体が、不思議な感じではある。ましてやこの作品は、実際の「ジャンプ」編集部や実在の編集者がモデルとなった編集者が登場して、主人公たちが「ジャンプ」を舞台にプロのマンガ家として成長していく物語で、最も「ジャンプ」色が強い作品でもある。

 この「小学館集英社プロダクション」、もともとは小学館グループのひとつで、キャラクター事業や教育事業を主に取り扱う「小学館プロダクション」という会社だった。2008年、そこに集英社が出資し、現在の名称に改められたということだ。

 このニュースに、08年当時は「出版社も大型合併か!?」と一部で騒がれたそうだが、いったいなぜ集英社が出資をすることになったのか。小学館集英社プロダクションに問い合わせてみると、集英社出資の流れについては、08年発足当時のプレスリリースの通りとのこと。そこにはこう記されている。

「今後の世界戦略推進と国内における新たなキャラクター&コンテンツの活用をめざし(中略)集英社の出資を受け、一ツ橋グループのプロダクション機能の強化を図ります」
 
結局何をやる会社なのかと言えば、海外出版や、アニメや実写作品の制作や流通、版権の管理などといったもの。ある出版関係者が言う。

「ものすごくスケールが大きい話ではあるのですが、肝心の出版業界の不況が続いていることも理由のひとつかもしれません。世界的な人気作になった『ドラゴンボール』をはじめ、集英社もジャンプを中心にどんどん国内外へのキャラクタービジネスを広げていきたい。ただ、それをあらためてイチから始めるのも、出版界の体力的に厳しいものがある。だったら『小学館プロダクション』という、40年以上前からある老舗にいろいろおまかせしたほうがお互いいいのではないかというところじゃないでしょうか」

 09年には同じく”一ツ橋グループ”の出版社、白泉社も資本参加し、ますますビジネスの規模は拡大しているが、これによって今後、「小学館集英社白泉社」に、さらに変更されたりするのだろうか。

「特に予定はありません」(小学館集英社プロダクション)

 さらには、親会社である小学館と集英社が提携や合併する可能性は、

「予定はありません」(同社)

 ちなみに、この『バクマン。』が、同社による初めての集英社作品のアニメ作品化ということになる。劇中、「やっぱりジャンプじゃないと!」と(アニメではNHKということで、架空の雑誌「ジャック」になっているところが本末転倒的ではあるが)、少年誌ならナンバーワンの「ジャンプ」しかないことがことさら強調されていたりするが、その作品が、小学館との提携作品第1号になるというのもまた、不思議な縁ではある。
(文=太田サトル/「サイゾー裏チャンネル」より)

バクマン。 10

「ジャック」って……。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
「エハラマサヒロと兄弟!?」NHK朝ドラ『てっぱん』の遠藤要がブレイク寸前!
一般人を巻き込むドッキリ企画は100%無理? 素人参加番組が減った裏事情
「安易すぎる……?」テレビのバラエティー番組にネット動画が溢れる裏事情

最終更新:2010/11/04 08:00
こんな記事も読まれています

アニメ版『バクマン。』の制作 は”小学館集英社”? 出版大手二社が手を組む深いワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

 5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。これを記念し...
写真