日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「夢、破れて……」多忙極める劇作家・三谷幸喜の憂鬱とは?

「夢、破れて……」多忙極める劇作家・三谷幸喜の憂鬱とは?

kokimitani.jpg「キネマ旬報 2008年 6/15号 」
(キネマ旬報社)

 今夏、50歳の誕生日を迎える劇作家の三谷幸喜。これまでも、『古畑任三郎』(フジテレビ系)や『振り返れば奴がいる』(同)などのヒットドラマや、『ラヂオの時間』や『ザ・マジックアワー』などのヒット映画を連発している。

 その三谷が、2011年を「生誕50周年スペシャル企画三谷幸喜大感謝祭」と位置づけ、映画、舞台、テレビ、小説と計7本の新作を発表するというのだから、今年は1年間休みがないと言っていいほど大忙しだ。

 そんな順風満帆で多忙な三谷が、最近ひどく落ち込んでいることがあるという。

「実は、たくさんの仕事を詰めてやってるのも、寂しさを紛らわすためじゃないかって言われてるんです。それが、先日、松竹が発表した小津安二郎監督の『東京物語』のリメイクだったんです」(映画関係者)


 先日、松竹が世界的に知られる小津安二郎監督の名作『東京物語』(昭和28年)を下敷きにした作品『東京家族』を、山田洋次監督で製作すると発表した。

「それ以来、三谷さんは愚痴が多くなりましたね。三谷さんは、テレビの現場や撮影現場、作品のプロモーションのときなど、必ずタキシードを着用しているんです。それは、敬愛する小津監督の真似だそうで、小津さんも現場ではよくスーツを着用していたそうですよ。三谷さんの最終目標は、小津さんの『東京物語』をリメイクすることだったそうですから、相当ショックは大きいでしょうね」(広告代理店関係者)

 山田監督と言えば大御所中の大御所だが、三谷は歯ぎしりをしているという。

「ただ、三谷さんの凄いところは、『山田さんなら間違いなくいいものを作るだろうけど、いつか自分がそれを超える作品を作りたい』と切り替えてるようですよ」(前同)

 まずは、今年の”三谷イヤー”を楽しむとしよう。

キネマ旬報 2008年 6/15号

がんばってください。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
「燃える闘魂」アントニオ猪木の不倫報道はある人物からの”制裁”だった!?
海老蔵事件でイメージ急落の歌舞伎界を苦労人・坂東玉三郎が救う!?
「相手が無名で見栄えよくない」電撃結婚した浜崎あゆみにステイタス低下の危機

最終更新:2011/01/12 11:32

「夢、破れて……」多忙極める劇作家・三谷幸喜の憂鬱とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

“移民”問題のウソとホント

 2013年にアメリカ国務省から「人身売買と戦うヒーロー」として表彰された、外国人労...
写真