日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 今度は自民党内で”谷垣降ろし”!? 大連立で初の女性首相狙い、小池百合子氏擁立の動き

今度は自民党内で”谷垣降ろし”!? 大連立で初の女性首相狙い、小池百合子氏擁立の動き

yurikokoike.jpg『小池百合子の華麗なる挑戦』
(河出書房新社)

「大連立に向けて、自民党内に”谷垣降ろし”を画策する動きがある。連立政権で首相の座を射止めるため、それにふさわしい自民党総裁に首をすげ替えておこうというもくろみのようだ」

 大手紙の政治部記者から、本誌の元にこんな情報がもたらされた。6月2日の菅直人首相の辞任表明以降、急浮上した「大連立政権構想」をめぐって、与党内でさまざまな思惑が錯綜していることは日々報道されているが、野党・自民党にとっても「連立を組んで政権入りするなら、いっそのこと首相のイスを頂戴したい」というひそかな狙いがあるらしい。

「不信任案を提出しておきながら否決されるという大失態を犯した谷垣禎一に、首相のイスはふさわしくない。そこで、国民ウケする人物をここで担ぎ出そうという魂胆。その人物とは、小池百合子。初の女性首相誕生になるかもしれない」(前出記者)

 小池氏は、言わずと知れた自民党三役の一角、総務会長に女性として初めて就任したやり手だ。自民党政権時代には防衛大臣などを歴任し、見栄えする華麗な装いとは裏腹の豪胆な保守政治家の顔を持つ。辞任を表明した菅首相が舌の根も乾かぬうちに翻意したと騒がれると、「菅さんも謎の鳥の一羽になったかな。またサギが出てきた」と気の利くコメントをマイクにつぶやき、ニュース番組で繰り返し放映された。まさに、元ニュースキャスターの面目躍如といったところ。国民ウケするのもうなずけよう。

 この小池氏、最近は、民主党の松原仁氏や公明党の坂口力氏らと一緒に、被災した東北地方を念頭に置いた「道州制懇話会」の発起人に名を連ねている。150人を数える超党派の集まりと言われ、民主党内に食い込もうとする小池氏の並々ならぬ意気込みが感じられるという。

 ところで、読者の中には、第2党の自民党が首相のイスを狙うなどおこがましいのでは、と首をかしげる向きもあろう。

「自民党は全く逆のパターンを1990年代に経験済み。当時、野党ながら第1党勢力だった自民党は、小沢さんたちがつくった連立与党を切り崩すため社会党を引き込み、『自民・社会・新党さきがけ』の3党連立政権を樹立したことがあった。この時、社会党を迎え入れる条件として、村山富市党首を首相に擁立するというウルトラCをやってのけた。今度は、その逆パターンを自民党は望んでいるわけだ」(前出記者)

 小池氏を担ごうとしているのは自民党の中堅・若手で、政策通の石破茂政調会長とともに連立内閣に送り出したいとの声が高まりつつある。「谷垣総裁」のまま連立政権入りしても、民主党勢力に埋没してしまい、来る総選挙には不利になるという考えのようだ。もっともな理屈だが、谷垣氏を支持するもう1つの党内勢力が壁となっているらしい。

「もはや亡霊と化していた森喜朗元首相をはじめとした古参議員が反対している。というのも、小池さんは日本新党を皮切りにいくつもの政党を経て自民党入りした『政界渡り鳥』。やはり自民党を一度出て行ったことのある石破さん同様、『自民党をステップアップの手段にしか考えていない』などと警戒の的になっている。かくいう古参議員たちも、鳩山由紀夫・邦夫兄弟の仲立ちによって、民主党の小沢一郎さんと大連立を組もうと画策しているのだから、正直、訳が分からなくなってくる」(前出記者)

 こうしてみると、「大連立構想」とはある意味、民主・自民双方にとって世代間闘争のような意味合いを帯びてくるようだ。明日の日本を切り開くためにも、ここは避けて通れない通過地点なのかもしれない。

小池百合子の華麗なる挑戦

新しい時代の幕開け?

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/12 21:19
こんな記事も読まれています

今度は自民党内で”谷垣降ろし”!? 大連立で初の女性首相狙い、小池百合子氏擁立の動きのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...
写真