日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > やっぱり合成だったAKB48・江口愛実 ”騙された”ファン激怒でグリコ不買運動も

やっぱり合成だったAKB48・江口愛実 ”騙された”ファン激怒でグリコ不買運動も

 AKB48の12.5期生として注目を集めた新メンバー・江口愛実。6月13日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)で表紙を飾り、江崎グリコ「アイスの実」のCMでセンターに起用されるなど一躍”時の人”となり、”平成の江口グリコ事件”とまで騒がれていた。江口のあまりの美しさにCG説も飛び交う中、6月20日売りの「週プレ」で”ネタばらし”されていることが明らかになった。

「ウワサがあったように、前田敦子の目、大島優子の髪形と体型、篠田麻里子の口、渡辺麻友のまゆ、高橋みなみの輪郭、板野友美の鼻を合成した顔でした。そして声は、5月に加入したばかりの12期研究生・佐々木優佳里の声とも掲載されています。江口愛実の存在は、朝のニュース番組やワイドショーなどでも次々に報じられ、宣伝効果は絶大だったようです」(スポーツ紙記者)

 「アイスの実」特設サイトには江口のオーディション時の応募用紙とされる画像も掲載。「AKB48のみなさんの良いところを少しずつ盗んで、今までにない新しいアイドル☆を目指します!!!」と記述。まさにその言葉通り、メンバーのチャームポイントを合成した”究極のAKB48″だった江口。また、AKB48・菊地あやかが14日付のブログで「私も撮影したんですが、果たして私の顔のパーツいつ使われるのでしょうか(笑)」と書き込み、即削除。16日付のブログで改めて謝罪し、秋元康総合プロデューサーから「おまえは悪くない。だから普通のままでいいんだ」という激励のメールをもらったことも明かされた。宣伝効果は高かったものの、意外なところで江崎グリコは、被害をこうむったようだ。

「騒動が発覚してから江崎グリコの株価が下がっています。13日には860円ほどあった株価が、16日から下がり、17日には、824円まで下落。江口愛実の存在は話題にはなったものの、一部では反感を買っており、AKB48ファンの間では『アイスの実不買運動』も起きているというウワサです」(同)

 AKB48の公式サイトとAKB48劇場には、研究生として江口の顔写真が掲載され、AKB48運営会社AKSは「実在しますよ。12期生のオーディションで取れなかったので、急きょ採用しました」(デイリースポーツ)と答えたとされている。いったいAKSは、何をもって「実在」と述べたのか。いずれにしろ、大手スポーツ紙やキー局のニュース番組までもが”全乗り”で報道した大掛かりな企業広告は、これで一区切りとなりそうだ。

AKB48×週刊プレイボーイ

べったり。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2018/12/10 19:39
こんな記事も読まれています

やっぱり合成だったAKB48・江口愛実 ”騙された”ファン激怒でグリコ不買運動ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

東京五輪ボラ問題、なぜ報じない?

 東京五輪・パラリンピックの開催まで、あと2年を切った。56年ぶり2度目の開催にマス...…
写真