日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「日本映画はこのままじゃダメになる!」俳優・妻夫木聡が監督進出に怪気炎!?

「日本映画はこのままじゃダメになる!」俳優・妻夫木聡が監督進出に怪気炎!?

41phQwxFaOL.jpg『妻夫木聡が悪人だったあの2ヶ月』
(SMR)

 役所広司、ビートたけし、津川雅彦、オダギリジョーに奥田瑛二、小栗旬……。彼らに共通しているのは、「映画監督」経験がある俳優だということ。

「最近では、松本人志や品川祐をはじめとする吉本芸人もやたらと映画を撮っていますが、やはり役者の方がその傾向は強いですね」(映画関係者)

 その中に最近入ろうとしている役者がいるという。

「妻夫木聡さんです。彼の最近の口癖は、”日本映画はこのままじゃダメになる。俺が何とかしてやる! 監督をやってやる!”と熱く語っているんです。ここ最近、彼が出演した作品は、山下敦弘監督の『マイバックページ』、三池崇史監督の『愛と誠201×』、10月公開の石井克人監督『スマグラー お前の未来を運べ』と、全員、独自の価値観を持っていて、それでいてちゃんと結果も残している監督さんたちばかりです。その人たちと仕事をして、影響を受けたんでしょう」(芸能事務所関係者)

 ところが、この”俳優兼監督”、話題にこそなれ、なかなかヒットした試しがない。

「本当にヒットしたっていうのは、それこそ北野監督くらいじゃないですか? 記憶に新しいところで言えば、小栗クンの『シュアリー サムデイ』は散々な結果でしたし……。うかつに手を出さない方がいいんですけどね。ただ、所属事務所のホリプロが全面バックアップするって話もあるそうですから、もしかしたら来年には実現するかもしれませんね」(前出・芸能事務所関係者)

 そういえば、妻夫木はその小栗の映画に友情出演するくらい、小栗とは仲が良い。失敗を目の当たりにしてるのに、それでもなお挑戦するというのだから、結果が楽しみである。

妻夫木聡が悪人だったあの2ヶ月

ツッパリたいお年ごろ?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
受賞はしたけれど……タイミングが悪い映画『悪人』の不運
理想と情熱がもたらした”痛い現実” 青春の蹉跌『マイ・バック・ページ』
“歩く伝説”山本又一朗プロデューサー 小栗旬初監督作の舞台裏を存分に語る!

最終更新:2011/07/24 11:15
こんな記事も読まれています

「日本映画はこのままじゃダメになる!」俳優・妻夫木聡が監督進出に怪気炎!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

好感度の高い優良企業の不祥事!!

 神々のたそがれならぬ、日本企業のたそがれなのか。人気女優・宮崎あおいが2007年か...
写真