日刊サイゾー トップ  > 次の移籍先は小栗旬の事務所に内定!? 高岡蒼甫ツイッター騒動の顛末とフジとの確執
雑誌にもウェブにも書けない芸能【裏】情報!

次の移籍先は小栗旬の事務所に内定!? 高岡蒼甫ツイッター騒動の顛末とフジとの確執

──月刊サイゾーの人気コンテンツがメールで届く「サイゾーメールマガジン」。ここでしか読めない芸能【裏】情報も毎週配信中。雑誌やウェブでは公開できない危険なウラ話を少しだけご紹介します。

1108_close_zero.jpg小栗旬と高岡蒼甫が共演した『クロー
ズZERO』

 何かと騒動の”火種”となることが多いツイッターだが、女優の宮崎あおいの夫で俳優の高岡蒼甫が自身のツイッターに23日、『8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば。しーばしーば。』とフジテレビ批判を書き込み、高岡が所属事務所を退社する騒動に発展した。

「高岡は過去に自身の書き込みが原因でブログを4回閉鎖した”前科”があるがまったく懲りていない様子。2009年にはグラドルとの不倫騒動で離婚危機に陥ったが、またまた宮崎に迷惑をかけた。さすがに、宮崎サイドは激怒したようで、『家の妻は自分と一緒の思想ではありません』と書き込み弁解していたが……」(スポーツ紙デスク)

 実は、同事務所とフジとの関係があまり良くないところに高岡の批判問題が重なり、さらに関係の悪化が懸念されていたという。

「1月から放送された『外交官 黒田康作』に柴咲コウが出演したが、主演の織田裕二からたっぷりと”かわいがり”を受けた。柴咲のセリフに織田は『なんか違うなー』などと何度もダメ出しし、挙げ句の果てには柴咲のセリフを自分のセリフに勝手に書き換えたり、やりたい放題。さすがに、柴咲はがまんできなかったようで、ドラマの続編で公開中の映画『アンダルシア 女神の報復』への出演を断ったため、事務所とフジの関係があまりうまく行ってなかった。そんな状態なのに高岡のあの批判。退社はしょうがないと見る向きは多かった」(映画関係者)

 だが、28日に自身のツイッターで『スターダストプロモーションから自分は離れる事になりました。一つの呟きからの大きな波紋により、事務所の関係各位にはご迷惑をお掛けしました。当然の結果だと思っております』と書き込み、事務所を辞めることを報告し、ひとまず騒動が収束した。一方、早くも移籍先に、小栗旬が所属する事務所トライストーン・エンタテイメントの名前が上がっているという。

続きは本日22時配信予定のサイゾーメールマガジンで!

■購読申し込みはこちらから

最終更新:2011/10/19 18:33

次の移籍先は小栗旬の事務所に内定!? 高岡蒼甫ツイッター騒動の顛末とフジとの確執のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

ポピュリズムを誘うグロテスク戦略

 史上2番目の低投票率となる48.8%を記録した参院選を振り返る本企画。前編では、中島...
写真