日刊サイゾー トップ > 芸能  > TAIJI、エイミー、レイ・ハラカミ……相次ぐミュージシャンの死に衝撃走る

TAIJI、エイミー、レイ・ハラカミ……相次ぐミュージシャンの死に衝撃走る

amy-2.jpg才能は高く評価されていた
エイミー・ワインハウス。

 元X JAPANの沢田泰司(TAIJI)はサイパンの拘置先で首を吊り、英国の歌手エイミー・ワインハウスは自宅でナゾの死を遂げた。ここ最近、ミュージシャン死去のニュースが相次ぎ、世界的な波紋を呼んでいる。

 TAIJI45歳、エイミー・ワインハウス27歳と世代は違うものの、2人に共通するのはアルコール中毒に苦しんだ過去だった。

「TAIJIは長年酒浸りの生活を送り、アルコール中毒から来るさまざまな症状に苦しんでいました。エイミー・ワインハウスのドラッグ、アルコール中毒ぶりは有名で、今年6月にはセルビアのコンサートで泥酔状態のままステージに登場してブーイングを浴びています。彼女の死因はまだ判明していませんが、現地では『薬物中毒から来る心臓発作』という報道が中心です」(音楽雑誌編集者)

 日本では、多くのミュージシャンが薬物使用容疑で逮捕されるなど、薬物事犯に関する当局の締め付けは年々厳しくなっている。「90年代に比べると、薬物の入手が容易ではなくなった」(マネジメント関係者)とされる一方、アルコール中毒に陥るミュージシャンは増加する傾向にあるという。

「一昨年、期待された若手ミュージシャンSがアルコール中毒の治療も空しく、退院直後に亡くなる一件がありました。ミュージシャンの世界では、経済的に苦しいこともあるのか、健康診断を受けることなく、体調管理に無頓着という人があまりにも多い。TAIJIのように、気付いたら心身ともにボロボロになっていた……というケースは、他にも見受けられますね」(前出のマネジメント関係者)

 アルコールや薬物中毒とは無関係であるが、解散したビジュアル系バンドKagrra,の元ボーカル・一志が7月18日に自宅で死去したほか、7月27日にはカリスマ的な電子音楽家のレイ・ハラカミが40歳の若さでこの世を去った。ミュージシャンではないが、一時代を築いた音楽評論家・中村とうようの飛び降り自殺もあった。

「1999年頃、スカパラのドラマー青木達之が線路で轢死するなど、ミュージシャンの病死、自殺が相次いだ時期がありました。当時はレコード会社の社員も複数亡くなり、業界内では”死の連鎖か”との声が出たものです。今年後半に同じようなことがなければいいのですが」(当時を知る宣伝プロモーター)

 これ以上、悲しい知らせは聞きたくないものだ。
(文=久米信)

Lust

原神さん、ありがとう。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/12 11:00

TAIJI、エイミー、レイ・ハラカミ……相次ぐミュージシャンの死に衝撃走るのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

菅義偉首相「専門家が対策をやらないから」と“逆ギレ”

今週の注目記事・第1位「テレ朝斎藤ちはるアナ...…
写真
インタビュー

YOAK広本敦さんインタビュー

 2月上旬に、ある女性がツイッターに投稿した発言が話題になった。その趣旨は「メンズレ...
写真