日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 島田紳助引退で息を吹き返す”非・吉本”勢 ボキャブラ世代に再浮上の兆し!

島田紳助引退で息を吹き返す”非・吉本”勢 ボキャブラ世代に再浮上の兆し!

61NNEcrgqxL._SL500_.jpg『THE ボキャブラ天国 「寿」 公式ビデオ VOL.1』
(フジテレビ)

 島田紳助の”強制引退”から、早1カ月がたとうとしている。

 これまでに紳助が出演していた番組はほとんどが打ち切りになり、継続が決まったものに関しては、同じ吉本芸人が”ケツを拭く”形となった。

「そんな中、いま番組のプロデューサーたちの間で話題になってるのが、次に誰をブッキングするかということです。騒動以後、ナベプロやホリプロ、人力舎など、これまで吉本の後塵を拝していた事務所が営業に力を入れて吉本の枠を崩しにかかってますからね」(テレビ局関係者)

 そこで、いま一番話題となっているのが”ボキャブラ世代”の芸人たちだという。

「ボキャブラ世代は、爆笑問題とネプチューン、くりぃむしちゅー(元・海砂利水魚)、土田晃之(元・U-turn)らが頭ひとつ抜け出した形になっていましたが、他のメンバーも華はなくとも、やっぱり純粋に腕があるんです。これから出演が増えるんじゃないかとウワサされてるのは、X-GUNや古坂大魔王(元・底ぬけAIR-LINE)ですね。ホリプロとエイベックスですから、交渉もしやすいですしね。ボキャブラ以外では、和泉元彌やダイアモンド☆ユカイもまたブレークしそうです。先日もあるバラエティーの収録があったのですが、深夜からのスタートで朝までなのに、2人とも最後まで頑張ってましたよ。ユカイさんは、杉村太蔵さんに写メをねだってましたけど、そういった無邪気な一面が現場でも好意的に受け止められています。和泉さんは、『仕事が欲しいんです』って言いながら各スタッフに頭を下げて回ってましたよ。これまたお辞儀がキレイでみんな笑ってしまってました」(芸能事務所関係者)

 一方、”王者”吉本もポスト紳助としてナイナイを売り出そうと、紳助が打ち出したものの宙に浮いた状態だった『THE MANZAI 2011』をほぼ開催決定に持っていくなど、相変わらずの底力を見せている。これから、ますます”お笑い群雄割拠”となりそうな気配である。

THE ボキャブラ天国 「寿」 公式ビデオ VOL.1

楽しみです。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2018/12/07 19:08

島田紳助引退で息を吹き返す”非・吉本”勢 ボキャブラ世代に再浮上の兆し!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真