日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 「前田のソロがやばすぎた」AKB48が重大岐路に!「口パク→生歌」に路線変更の衝撃度

「前田のソロがやばすぎた」AKB48が重大岐路に!「口パク→生歌」に路線変更の衝撃度

maeda_namauta.jpgこれでセンター!?(c)AKS

 ある意味、国民的アイドルグループが重大な岐路に立たされたといっていい。今月20日で行われたライブイベント「AKB48 紅白対抗歌合戦」が大反響を呼んでいる。このイベントは、AKB48・SKE48・NMB48・HKT48のメンバー総勢155人が参加し、紅白に分かれてカラオケを熱唱するというもの。そんな中、紅組の大トリを飾った前田敦子が素人同然の”生歌”を披露したのだ。

 前田が歌ったのはSKE48・松井玲奈のソロ曲「枯葉のステーション」。イントロが流れ、傘を差して登場した前田が「枯葉が風にひらひら~」と歌い出すが、しばらくして声が小さくなり、発音が不明瞭に……。ゴンドラに乗って歌う際も、音程を大きく外しており「正直、素人がカラオケを歌っているような感じだった」(観客の1人)という。

 このライブの模様はYouTubeで生放送され、ネット上では瞬く間に「これはひどいwww」「へぼすぎる」などといったコメントが殺到した。

 AKB48を筆頭としたアイドルグループはかねてから”口パク”が指摘され、批判されてきたが……。

「所属レコード会社にそのことを突っ込むと『口パクではない。かぶせだ』と言いますが、”かぶせ”とは、要は音程を取りやすいよう原曲を小さく流していること。安室奈美恵のようにガチで歌うってレベルではないですよ」(音楽関係者)

 安室は別格として、アイドルグループはダンスによるハードな運動量で、まともに歌えないのは当たり前。

「それでも、ネット上や評論家からは口パクと非難される。今年のレコード大賞では大賞が確実視されていますが、その選考過程でも口パク問題が議論されたそうです。そうした葛藤がAKB48内にもあって、今年の後半くらいから徐々に”脱・口パク”に取り組み始めたんです」(内部事情を知る関係者)

 その心意気は買えるが、問題なのは各メンバーの歌唱力だ。某アイドルライターは「前田も高橋みなみも正直下手。板野友美も1度、ある歌番組で生歌に近い感じでソロ曲を歌ったことがあったが、ひどかった(笑)。まずはちゃんとしたレッスンを受けるところから、始めないとダメ」と指摘する。

 とはいえ、ある種の”素人感”がAKB48人気の秘訣でもあるだけに、それはそれでOKな気もするが……。

Flower

歌えなくてもソロデビューできるんだ!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2018/12/11 15:43

「前田のソロがやばすぎた」AKB48が重大岐路に!「口パク→生歌」に路線変更の衝撃度のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

源頼朝の命を助けたかったのは後白河法皇?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

インパルス板倉、特別インタビュー

「足掻き続けろ、絶望から這い上がるまで──」  そんなキャッチフレーズがつけられた、...
写真