日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 「私、歩く18禁なんで!」あの小向美奈子がニューロティカと奇天烈コラボ!
直撃インタビュー

「私、歩く18禁なんで!」あの小向美奈子がニューロティカと奇天烈コラボ!

komukai_nrtk_01.jpg天衣無縫な小向美奈子にニューロティカの
カタル(左)とアツシ(右)もタジタジ!?

 バンドブームに青春を過ごした人には懐かしく、現役でライブハウスに通っている人にはおなじみの、ピエロメイクのボーカリスト・アツシ率いる老舗パンクバンド・ニューロティカが、なんとあの”スライム乳”小向美奈子とのコラボミニアルバム『おつかれサマータイム』を発売した。

 「真冬の発売なのになんでサマータイム?」という表題作はもちろん、小向美奈子自身の経験をイメージして作られたという「私の恋は世界サイズ!」では、エロネタ、フィリピンネタなど不謹慎な歌詞がギッシリ。そもそもどーしてこの組み合わせでCDを出すことになったのかも理解不能な、突っ込みどころ満載のコラボ企画について直撃!

■お母さんが若い頃ファンでした!

――ニューロティカと小向美奈子さんのコラボというすごい企画ですけど、そもそもこの2組はどこで知り合ったんですか?

アツシ ボクが行きつけの西麻布の飲み屋で……。

カタル あっちゃん(アツシ)、西麻布なんて行ったことないでしょ!

アツシ だって、こういうインタビューでは読者をビビらせなきゃいけないと思ったからさぁ(笑)。本当は美奈子ちゃんの事務所の社長さんと友達だったんで、飲んでいるときに「じゃあ曲でも出しましょうや」って話になって。

カタル しかも、メンバーには事後承諾だからね。

小向 私も顔合わせの席で初めて知りましたよ。急にマネジャーさんから「恵比寿でニューロティカっていうバンドがライブやっているから行こう」って呼ばれて、そのまま顔合わせ。でも、いい遊び場所を見つけたなって思いました。ライブではマネジャーさんまでダイブしてて(笑)。ほかのバンドのライブじゃ、こんなお祭り感覚は味わえませんもん。コレはハマりますよ!

アツシ 美奈子ちゃん、顔合わせのときにはもうベロベロに酔っぱらってたもんね(笑)。

カタル その後も何回もライブに来てくれてね、客席でモッシュしてるんだよ。

――え、客席に混ざってるんですか!?

小向 ダイブしてステージによじ登って、マイクを奪って「Oi! Oi! Oi!」ってコーラスしちゃったり(笑)。

――お客さんもビックリするでしょう。また奇行をしていると思われますよ!

アツシ 夏くらいからちょくちょくそういうことがあったから、勘のいいお客さんは「あれ、ニューロティカまた何かやるんじゃないの?」って思ってたみたいだけどね。

komukai_nrtk02.jpgいろいろあった小向さんですが、
なんだかキラキラしていましたよ!

――小向さんは以前からニューロティカを知っていたんですか?

小向 みなさんの顔とかは知らなかったんですけど、お母さんが若い頃ファンだったらしくて、曲は聴いたことがありました。

アツシ お母さんがファンって世代だもんなぁ……。

カタル なんといっても、ニューロティカの結成は美奈子ちゃんが生まれる1年前ですからね。

小向 でも、みなさん全然若いですよ!

アツシ この間、オレが47才だって知ってビックリしてたもんね。

小向 ずっと42才だって聞いてたんで。

アツシ 本当のことをいうのが恥ずかしくって(笑)。

カタル 中途半端な年齢詐称のほうがよっぽど恥ずかしいよ!

――ニューロティカと有名人のコラボといえば、野村沙知代さんとのライブ(2001年2月19日に新宿ロフトにて開催)を思い出しますが。

小向 えーっ、そんなのもやってたんですか!?

アツシ いろんな人とコラボしてるよね。野村沙知代さん、メロン記念日(09年にコラボシングル「ピンチはチャンス バカになろうぜ!」発売)、そして今回は小向美奈子ちゃんと!

――しっかしメチャクチャなラインナップですね。

アツシ ニューロティカは売れるためなら何でもやるバンドなんで(笑)。でも、こんなことができるロックバンドなんてウチぐらいなもんでしょう!

カタル しかもヂン(本記事のインタビュアー)は、サッチーとメロン記念日の間に田代まさしともコラボさせようとしてたでしょ。

――今回の件を考えると、何でマーシーとのコラボを断られたのかがまったく分かりません!

カタル やっぱ、女の子じゃないとイヤなんですよ。

――ということは、サッチーも女の子枠なんですか!?

カタル 女の子だよサッチーも。だって一緒にスタジオに入るといっつもいい匂いしてたもん(笑)。

■「歩く18禁」なんで大抵のことは問題ありません!

――しかし今回のCD、真冬の発売なのに『おつかれサマータイム』ってどういうことなんですか?

カタル やっぱりそう思うでしょ?

アツシ このCDを作る話が夏に決まったから……。すごく暑かったんだもん、そりゃこいう歌詞になるよ。

――いやいや、CDが出るまでにタイムラグがあるのくらい分かるじゃないですか、何年この業界にいるんですか!

komukai_nrtk_03.jpg初コラボとは思えない息の合った掛け合いも。

アツシ やっぱり、人と同じことやってちゃダメよ。冬だからってクリスマスソングっていうのはみんなやってることでしょ。ちょっと違うことをやったら話題になるじゃん。「えーっ、なんでこのとき期に!?」って。そこに意味深なものを感じ取ってもらえれば……。

カタル でも、実は何の意味もないというね。

――歌詞は全部アツシさんが書いたんですか?

アツシ 「おつかれサマータイム」はオレが作ったけど、「私の恋は世界サイズ」は美奈子ちゃんをイメージした曲なんで、みんなでアイデアを出し合って作りました。

小向 歌詞の内容をどうしようかっていう打ち合わせをした後にみんなで飲みに行ったんですけど、そこでの会話のほうがたくさん歌詞に採用されてるんですよ。

カタル お酒が入ったら面白い話が出てくる出てくる。そういうの全部携帯にメモっといたからね。

小向 「歩く18禁」とか「本当はドM」「私自身が芸術なの」……名言がたくさん生まれました!

カタル オレがまず仮の歌詞を作ったんだけど、これはちょっとマズイかな? っていう危険なワードも全部オッケー出ちゃいましたから。この事務所、大抵のことはオッケーなんですよ。

小向 「歩く18禁」なんで大抵のことは問題ありません!

――「私の恋は世界サイズ」っていうタイトルはやっぱり、いろんな国の男性とお付き合いされてきたから……。

小向 そういうこともあるかもしれませんねぇ~、ウフフ。

――そういえば小向さん、アイドルとき代に『ホイッスル!』っていうアニメの主題歌「DOUBLE WIND」を歌っていましたよね。

小向 ……その辺はあまり触れられたくない過去なんですけど(笑)。

――これ以上、触れちゃいけない過去があるんですか!? でも、ああいうアニメソングより今回のロックのほうが合ってたんじゃないですか?

小向 そうですね、ノリがよくて勢いがあったほうが自分的には歌いやすかったです。

――声もアイドル時代より、若返っているような気がしました。

小向 それは私も思いましたね。

カタル いざ歌ってもらったら、思っていたよりも高い声が出たんだよ。事前にリハをやったりして声を聴かせてもらってはいたんだけど、その段階ではイマイチ歌い方がつかめていない感じで、実はちょっと心配だったの。でも、いざレコーディングに入ったらガンガン歌い出してね。結局1日で4曲分録れちゃったもん。

■小向美奈子×ニューロティカ温泉バスツアー!?

――この間、このコラボでライブをやったときに「DVDの撮影よりも緊張した」というコメントを出されてましたけど。

小向 だっていっぱいいるんだもん、お客さんが。

――ストリップなんかでもお客さんはいっぱいいるじゃないですか。

小向 私、どんな現場でもすごく緊張しちゃうタイプなんですよ。

カタル やっぱりライブのとき、客席を見るのは怖かったの? あっちゃんのほうばっかり見てたみたいだけど。

アツシ オレも見つめられてドキドキしちゃったよ。

komukai_nrtk_04.jpgピエロメイクのアツシさんがフツーに見えてくる不思議!

小向 ステージ前に陣取ってたカタルさんのファンらしき人たちから「私のカタルさんに近づくな!」みたいな雰囲気を感じて怖くって。なるべくアツシさんに近づいておこうかなって(笑)。

アツシ 「私のあっちゃんに近づくな!」っていうのは感じなかったんだ……。

――いろんな現場や修羅場を経験していそうですが、それでも緊張するんですね。

小向 ダメだって少しでも思っちゃうと飲まれちゃうんで……。最初さえいいテンションで始められれば大丈夫なんですけどね。だからいつでも「全力投球フォアボール」って心意気ですよ。無我夢中でやって「やらかしちゃった!」っていうときもありますけど、ポジティブに前へ前へ進んでいくしかないですからね。過去を振り返ったらズルズル行っちゃいそうで怖いんです。

――テンションを上げるためにやっていることってありますか?

小向 とりあえず、楽屋ではひたすらしゃべりまくりますね。マネジャーさんが逃げ回ってますから。そのノリで現場に出るとうまくいくんですよ。しゃべったり、ワーッて叫んだり、身体を動かしてないとテンション下がっちゃうんで。

アツシ 初めて会ったときも酔っぱらってて、すごいテンションだったもんなぁー。

――ところで、ニューロティカは今年で28周年ですけど。

アツシ 面白いことをいろいろ考えてますよ! 昨年末にはコミケでmilktubとのスプリットCDを販売したし、3月には初音ミクちゃんとのコラボCDも出る予定です。

小向 コミケ、ウチのお兄ちゃんはよく行ってますよ。田村ゆかりさんが好きみたいです(笑)。

――小向さんは今年どんな仕事をやりたいと思っていますか。

小向 今年もいろんなことをやっていきたいですね。まだやってないことにドンドン挑戦したいです!

カタル これだけいろんなことをやって……まだやってないことがあるの?

小向 ウフフ!

カタル まあ、歌は今後もやっていったほうがいいと思うよ、踊りもうまいし。

小向 じゃあ、今後はニューロティカのバックダンサーをやらせてもらおうかな。あとは温泉に行きたいと思ってるんですけど……。

――それは仕事じゃなくてプライベートですよね。

アツシ じゃあ、ニューロティカと美奈子ちゃんで温泉旅行に行こうよ!

小向 みんなで大浴場にバーッで入りましょうか!

アツシ えー! それだったらファンも集めてバスツアーにしたほうが儲かるよ!

カタル メチャクチャ大騒ぎになりそうだねぇ。受け入れてくれる旅館があるかどうか……。

アツシ じゃあ、東中野のラドン温泉で手を打っておきましょうか。
(取材・文=北村ヂン)

●<ニューロティカの新年会だよ☆ ~サタデーナイトライブショウ!~>
1月7日(土)新宿ロフト※深夜
OPEN 24:00 / START 24:30
ADV ¥2500 / DOOR ¥3000
出演/ニューロティカ/30% LESS FAT/小向美奈子/President of Youth/芝浦ニューロティカーズ/他

小向美奈子×ニューロティカ ライブの模様はニコニコ生放送・ロフトチャンネルでも配信!
<http://live.nicovideo.jp/watch/lv76713405>
1月7日24:30放送開始予定

おつかれサマータイム

iTunesでも配信中。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/09 20:10

「私、歩く18禁なんで!」あの小向美奈子がニューロティカと奇天烈コラボ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

 日本のクールジャパン政策、中でも映画やアニメなど映像産業の振興政策がうまくいってい...
写真