日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 「吉本幹部も怒り狂っていた!?」大崎洋社長の”紳助復帰待望”発言に前兆あった

「吉本幹部も怒り狂っていた!?」大崎洋社長の”紳助復帰待望”発言に前兆あった

shinsuke0107.jpg本人は完全沈黙中ですが……。

 昨年8月、所属タレントだった島田紳助が自ら暴力団関係者との”黒い交際”を明かして芸能界を引退するという芸能界史上に残る大事件で激震した吉本興業だが、新年早々、トップの軽率なひと言が大騒動を巻き起こしている。

 4日に大阪市内で行われた同社の創業100周年プロジェクトであいさつした大崎洋社長が突如、紳助の処遇について切り出し、大きな批判を浴びたのは既報の通り(記事参照)だが、今回の発言をなんとなく予期させる前兆があったというのだ。

「昨年12月10日付けの産経新聞に大崎社長のインタビューが掲載されたが、その中で紳助との関係について『(紳助が本名の)長谷川公彦に戻ったところで、お互い電話したらメシも食える。昔話もできる。今やっているテレビの話もできるし、”若い子が面白くなってきてるね”とか、”誰々の漫才面白かったね”って話もできる。そういう意味ではつながっているわけですから』といまだに深い関係であることを堂々と明かした。記事が出た後に社内では『なんであの発言を削らなかったんだ!』など幹部が怒り狂っていたという。その際、誰かが発言に気をつけるようにクギをさせばよかったに違いないが、今の吉本社内に大崎社長のクビに鈴を付けられる人間はいない。今後も、同じような発言が繰り返されるだろう」(芸能プロ関係者)

 そもそも、紳助が「セーフ」と判断した”黒い交際”を「アウト」と切り捨て、紳助を半ばクビしたにもかかわらず、一連の紳助報道をめぐり、吉本と紳助がしっかりタッグを組み、講談社と同社が発行する「週刊現代」、「フライデー」に対して名誉毀損による損害賠償を求め、億単位の巨額訴訟を起こしている時点で、吉本と紳助の間に深いつながりがあることが如実に伺える。

 昨年12月に同紙のインタビューで大崎氏は、今年4月の創業100周年について、「吉本の基本って『大衆に奉仕すること』に尽きます。喜んでもらって、そこに汗流すという会社です」と語っているが、このままだと100周年の目玉が紳助の復帰という、あまり歓迎できない”サプライズ”の可能性もありそうだ。

島田紳助100の言葉

「素敵やん」は入ってるのかな?

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2018/12/07 19:10

「吉本幹部も怒り狂っていた!?」大崎洋社長の”紳助復帰待望”発言に前兆あったのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

『i-新聞記者』忖度とどう闘う?

<前編はこちらから>  11月15日(金)公開のドキュメンタリー映画『i-新聞記者ド...
写真