日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「繊細な食事管理と英語嫌いは大丈夫?」レンジャーズ移籍のダルビッシュ有に不安山積み

「繊細な食事管理と英語嫌いは大丈夫?」レンジャーズ移籍のダルビッシュ有に不安山積み

daru_mj.jpg『ダルビッシュ有 “軌跡”
~Keep the faith~』(東宝)

 レンジャーズへの移籍が決まったダルビッシュ有だが、本心では日本でプレーしたかったというだけに、現地での生活環境には不安を抱えている。

 その最たるものが言葉の壁で、発表会見での注目の第一声も英語ではなく日本語だった。もちろん、日頃は通訳がつくが、試合中に通訳はマウンドに上がれず、細部でのコミュニケーションには問題が生じやすいといわれる。通訳に頼りすぎてチームメイトから「何年もメジャーでプレーしていて、まだ英語を話そうとしないのか」と酷評された野茂英雄の例もある。

 ダルは米国に留学経験のある父親が英会話学校を経営していたことから、本人も3歳まで英会話を学んでいた。それだけに日常会話のリスニングぐらいはできるといわれていたが、実際にはそうでもないようだ。

 スポーツ紙記者によると「かつて日ハムに在籍したフェルナンド・セギノールと居合わせた際もダルが声をかけていたのは日本語だった」という。

「他の外国人に英語で話しかけられたときに分からない英単語があって、たまたま現場にいたダルに助けを求めたら”俺、英語まったくできないから”と通訳を呼びにいったこともありました」(同記者)

 通訳を連れていけば安心というわけでもないのは、先の発表会見で早くも露呈している。プレッシャーがないかと記者に尋ねられた際、ダルは「頭が悪いせいか、プレッシャーも感じることもない」と返答。しかし、通訳はこれを「あまり感じない。リラックスして楽しんで投げる」と訳していた。逆にそのまま直訳していても米国人には理解しがたい回答になってしまうのだが、こうしたズレが問題を生む懸念は残る。

 次に食生活の問題がある。ダルビッシュは日頃から繊細に組み立てられた1日7食をとることで知られ、それは女子プロゴルフ選手に伝授したほど徹底している。

 卵は白身の部分だけ、肉も部位を選んで食べるなど気を使っているダルが、関係者との食事でテキサス特有の大味な分厚いステーキを出される状況も出てくるだろう。現地に日本食レストランは点在するものの、寿司や天ぷらなど定番メニュー中心で、それも決してレベルの高いものではない。

 関係者によると、ダルには専属のシェフと栄養士がつくというが、「常に横にいて料理を作るわけではなく、あくまで自宅に戻ったときなど一部に限られる」という。

 豪快に骨付き肉にしゃぶりつくような荒くれ者が多い現地の空気に、和食好きで繊細なダルが言葉も交わせずホームシックに陥る可能性はある。
(文=鈴木雅久)

ダルビッシュ有 ”軌跡” ~Keep the faith~

古閑さんの出番ですか。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/09 16:56
こんな記事も読まれています

「繊細な食事管理と英語嫌いは大丈夫?」レンジャーズ移籍のダルビッシュ有に不安山積みのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

WWEレスラーの自伝映画

 プロレス好きなら見逃せない、最高にご機嫌...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真