日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 思わず鼻をつまみたくなる爆笑ホラー 腹痛とゾンビのW攻撃『ゾンビアス』
井口昇監督&主演・中村有沙インタビュー

思わず鼻をつまみたくなる爆笑ホラー 腹痛とゾンビのW攻撃『ゾンビアス』

IMG_7377s.jpgお腹すっきり、爽快ムービー『ゾンビアス』に主演した中村有沙と井口昇監督。2人は『まだらの少女』以来となる7年ぶりのコラボ。※2人が手にしているのはカリントウです。

 イマジネーション溢れる独創的なストーリーテリングとキャストの新たな魅力を丁寧に引き出す演出で今、もっともノッてる映像作家・井口昇監督。『片腕マシンガール』(07)でその名を世界に轟かせ、オリジナル作品への愛を惜しみなく注入した『電人ザボーガー』(11)は劇場を感動の渦に巻き込むロングランヒットとなった。そんな井口監督の最新作が『ゾンビアス』。ダイエット用のサナダムシを探しに田舎に出掛けた若者たちが和式トイレから出現した汚物まみれのゾンビたちに襲撃されるという、笑いと恐怖が混然化したサバイバルアクションなのだ。主演の中村有沙は、『楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女』(05)で成海璃子とダブル主演して以来となる7年ぶりの井口監督作品への参加。恥ずかしくてオナラができなかったことから妹を自殺に追いやってしまったトラウマを持つ影のあるヒロインを大熱演している。いろんな意味で、従来のイメージを突き破った面白い作品を作っちゃおうという信頼関係で結ばれた2人が、ハードながら笑いの絶えなかった井口組の製作現場を振り返った。

──井口監督の名作『まだらの少女』に主演した有沙ちゃんは、しばらく芸能活動を休んでいたけど、『ゾンビアス』が復帰作になるわけですね?

IMG_7317s.jpg作品に清潔感を与えた中村有沙。体を張ったシーンもあるが「やらされている感はなく、やってやる~という感じ。現場の雰囲気がいいんです」。

有沙 はい。意識して復帰作に井口監督の作品を選んだわけではないんですけど、井口組の現場はすごく雰囲気がいいので、また機会があればと思っていたんです。そんなときにマネージャーさんから「井口監督が新作を撮るよ」と聞いて、ぜひオーディションを受けたいと。でも、脚本を読んでみたら汚物ゾンビが出てくるので、「うわぁ~」ってなっちゃいましたね(笑)。

井口 書いたボクが言うのも変だけど、「これは映画化はムリだろうな。引き受けてくれる女優さんがいないだろうな」と思ってたんだ(笑)。脚本を読んで、やめようと思わなかった?

有沙 いえ、そこは井口監督の作品なんで、ただのお下品なだけの映画にはならないだろうなと思ってました(笑)。それに『まだらの少女』に出ていたとき、私はまだ小学生だったんです。それ以来、お会いする機会がなかったので、出演できるかどうかは別にして、井口監督に会いにオーディションを受けようと思ったんです。井口監督に、成長した姿を見せたかったんです。

IMG_7309s.jpg「ただ下品なだけでなく、女の子たちをチャーミングに撮りたかった」と語る井口監督。かつてないアイドル映画なのだそうだ。

井口 『まだらの少女』以来だから、7年ぶりか。もうボクは40代になっちゃった。久しぶりに有沙ちゃんに会って、娘の成長に驚く父親気分を味わったよ(笑)。でも、本当によく、あの脚本を読んで引き受けてくれたよね。すっごく感謝してるんだ。

有沙 うふふ。

井口 有沙ちゃんが主役の恵役を引き受けてくれたんで、こちらも期待に応えなきゃなと覚悟を決めたんだ。中途半端に遠慮しないで、思い切って振り切った作品にしようと。そのことが出演してくれた女優陣のためになると思ったんだよ。

──『まだらの少女』でも蛇娘(成海璃子)に追い込まれたけど、今回はさらに追い詰められる展開ですね。

有沙 『まだらの少女』は楳図かずおさんの原作でしたけど、『ゾンビアス』は井口監督のオリジナルの世界。前回、『まだらの少女』を体験したことで、もっと井口監督の世界に足を踏み入れたくなったんです。

井口 撮影前にも、いろいろ話し合ったよね。今回の『ゾンビアス』は役名こそ変わっているけど、『まだらの少女』の続編的なイメージでやろうと。『まだらの少女』で有沙ちゃんが演じた少女が生き残っていたら、どんな女の子に成長しているんだろうとね。

──『まだらの少女』では恐怖にただ逃げ惑う小学生だったけど、今回は恐怖に立ち向かう高校生に。7年間を経て、タフになったわけですね?

有沙 そうなんです。意を決して、立ち向かいます。私自身、これまでやったことがなかったアクションにも挑みました。撮影前に時間を作って、アクション指導のかたと練習しました。3回ほど習っただけなので、まだまだなんですけど。

井口 有沙ちゃんはダンスをやっているから、動きがいいよ。それに現場でも思ったけど、有沙ちゃんは走る姿がサマになるんだ。女の人で走る姿がかっこいい人って、あんまりいない。有沙ちゃんの走る姿を見て、動きがフォトジェニックだな、アクションに向くなと思ったよ。飛び蹴り、かかと落とし、すっごく決まってた。今回はこれまでの有沙ちゃんのイメージを突き破るものにしようと考えたんだ。有沙ちゃんの体を張った演技にはファンは「えぇっ」と驚くんじゃないかな。

有沙 私自身、ふだんはおっとりしたイメージがありますからね。そういった自分のイメージを突き破るのって、気持ちよかったです。

井口 けっこー順撮りで撮ったんだけど、編集しながら有沙ちゃんの顔つきがどんどん大人っぽく変わっていくのが分かった。女優として、大人の女として急成長していく貴重な瞬間が記録された作品になったと言えるんじゃないかな。

有沙 ありがとうございます。後半にはセーラー服が破れた姿でのアクションシーンもあるんですけど、井口組のスタッフにはカットの合間にさっと上着を掛けてもらったりと、とても気を遣ってもらいました。それに何よりもキレイに、しかもカッコよく撮ってくれるんです。信頼できるスタッフと仕事ができる心強さがありましたね。

■和式トイレは日本人の恐怖の源泉!

──『片腕マシンガール』公開時のインタビューで、「日本は流血シーンの規制が厳しい。血の代わりに汚物だらけのホラーにすれば、規制に引っ掛からずに済むはず」と井口監督が話していたアイデアが、本作に活かされたんですね。

井口 あはは、そんなことをボク、話しましたっけ? その夢が叶ったわけですね(笑)。今回、ボクが考えたのは、”日本で撮るなら、日本でしか撮れないゾンビ映画を撮らなくちゃダメ”ということだったんです。日本人にしか撮れないゾンビ映画って何だろうと考えたとき、「日本にはボットントイレがある。ボットントイレからゾンビが登場したら最高に怖い!」と思い浮かんだんです。さすがに有沙ちゃんはボットン体験はないでしょ?

zonb01.jpgボットントイレから、なんとゾンビの群れが出没! こいつらにだけは絶対に捕まりたくねぇ。(c)2011 GAMBIT

有沙 和式トイレは、おばあちゃんの家で見たことはありますよ。夜とかに一人で行くのは怖いですよね。

井口 そうそう。ボクんちは都内だったんだけど、小学生の頃まではボットン式だった。毎日、ボットントイレに股がりながら、下から手が伸びてきたらどうしようと怯えていたんだ。それで、「日本人の恐怖の根源はボットントイレにあるんじゃないか」って考えたんだ。有沙ちゃんみたいな現代的なかわいい女の子たちが、ボットントイレから出てくる汚物まみれのゾンビに追い掛けられるビジュアル的な面白さもあるしね。

──汚物ゾンビが続々と現われるシーンは壮絶。撮影現場はどんな感じでした?

有沙 10日間と短い期間でしたけど、ロケ先で合宿みたいに過ごして、すごく楽しかったんです。出演の出番のないときも、一人で宿舎にいるのは寂しいので、みんなずっと現場で撮影を見ていました。それで手の空いた女優陣で炊き出しとか作って、みんなで食べてたんですよ。

井口 有沙ちゃん、夜中に温かいミソ汁を作ってくれて、キャストやスタッフに振る舞ってくれたよね。うれしかったなぁ。

有沙 ゾンビのみなさんたちと一緒にご飯を食べましたよね(笑)。

井口 もちろんフェイクなんだけど、汚物まみれのゾンビたちと一緒にお弁当を食べるのは、最初はさすがのボクも躊躇したよ。これはキツイなぁ~と(苦笑)。

有沙 最初は「うわっ」と思いますけど、慣れると意外とヘーキですよね。みんなで記念写真を撮ってましたし。

井口 人間って慣れると、だいたいのものは受け入れられるようになるもんだなぁと改めて思った(笑)。

■ボクらは生きている。だからウンコをするんだ

──汚物ゾンビたちとの食事シーンは、DVD発売時にメイキングで確認したいと思います(笑)。でも『ゾンビアス』はホラーコメディというスタイルの中で、「汚れても穢れても、それでも生きていけ」という3.11以降の今日的なテーマが内包されていますよね?

zonb02.jpg妹を亡くした過去を持つ恵(中村有沙)は意を決して、汚物ゾンビたちと戦うことに。いつまでも逃げていられない。

井口 そうなんです。生きていく上で様々な障害に出くわすけど、それを乗り越えていけという、ということですね。『電人ザボーガー』を撮っていたときも感じていたことなんですが、この数年間、ボク自身がずっと考えていることなんです。日本はこのままじゃマズいんじゃないかと。日本という社会がマズい方向に向かっている。でも、そんな中でも生き抜いていかなくちゃいけない。『ゾンビアス』はひとりの女の子が腹痛に襲われながらも戦い続け、成長していく物語なんです。決してお下劣だけじゃないんです。そもそも、ウンコって生きている証でもあるわけです。人間は死んじゃったらウンコしないわけです。生きているからウンコするんです。

有沙 『ゾンビアス』に出演したことで、私自身も強くなりました。怖いものがなくなりました。『ゾンビアス』という作品に出会えたことで、自分のすべてをさらけ出すことができたと思ってます。

井口 あら~、いいこと言うわねぇ(笑)。有沙ちゃん、すっかり大人のトークもできるようになったわねぇ。

有沙 はい(笑)。ぜひ『ゾンビアス』は女性にも観てほしいですね。カップルで一緒に観るのも楽しいと思います!

井口 うん、この映画を観て、一緒に盛り上がれるカップルだったら一生もの。この映画を観て、引いちゃうような相手じゃダメ。逆に2人の愛が深まるかもしれない。

有沙 カップルで『ゾンビアス』を観て、一緒にゲラゲラ笑え合えるのって素敵ですよね。でも、食事のすぐ後はやめたほうがいいかも(笑)。

井口 そうだね、ポップコーンならギリギリOKかな。

有沙 パスタやカレーライスも、避けてくださいね~!
(取材・文=長野辰次/撮影=オカザキタカオ/hair&make=久保田延彦[alter ego])

IMG_7395s.jpg久々に井口作品のヒロインとなった中村有沙。「井口監督、しばらくお会いしない間に、ますます癒し系オーラが出るようになりましたね!」

●『ゾンビアス』
監督/井口昇 脚本/村田青、継田淳、井口昇 特殊造型/西村喜廣 撮影/長野泰隆 出演/中村有沙、菅野麻由、護あさな、優希、ダニー(ザ50回転ズ)、岸健太朗、亜紗美、デモ田中、島津健太郎 配給/日活 R15 2011年2月25日(
土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー http://zombieass.jp

●なかむら・ありさ
1993年東京都生まれ。NHK教育テレビ『天才てれびくんワイド』『天才てれびくんMAX』に出演し、人気子役として活躍。井口昇監督のジュブナイル系名作ホラー『楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女』(05)で成海璃子とダブル主演。その他の出演作に『下弦の月 ラスト・クォーター』(04)、テレビドラマ『傍聴マニア09 裁判長! ここは懲役4年でどうすか』など。2011年に大学に進学し、芸能活動を再開した。出演作『The ABCs of Death』2012年公開予定。

●いぐち・のぼる
1969年東京都生まれ。ガールズアクションムービー『片腕マシンガール』(07)は世界的大ヒットを記録し、数多くの亜流作品を生み出した。『ロボゲイシャ』(09)、『富江アンリミテッド』(11)など監督作多数。テキサスのファンタスティック映画祭で監督賞を受賞した『電人ザボーガー』(11)は日本でロングランヒット中。自伝的著書『恋の腹痛、見ちゃイヤ!イヤ!』(太田出版)を上梓するなど、排泄物には並みならぬこだわりを持つ。3月には『劇場版 はらぺこヤマガミくん』の公開も控えている。

『電人ザボーガー』スタンダードエディション [DVD]

こちらは3月28日発売。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/09 14:55
こんな記事も読まれています

思わず鼻をつまみたくなる爆笑ホラー 腹痛とゾンビのW攻撃『ゾンビアス』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

岩井ジョニ男インタビュー!

 いま「おじさん」は、かつてないほど苦境に立たされている。ズレた発言、ズレたLINE...
写真