日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「Perfume海外進出」は宣伝文句? Jポップのお寒いマーケティング事情

「Perfume海外進出」は宣伝文句? Jポップのお寒いマーケティング事情

pefume0310.jpg『VOICE』(徳間ジャパンコミュニケーションズ)

 海外進出を標榜する歌手やバンドが増えている。先月末に徳間ジャパンからユニバーサルミュージックに移籍すると発表したPerfume、デビュー当初から世界展開を行ってきたきゃりーぱみゅぱみゅ、アジアや欧米でのライブツアーを現在行っているラルク・アン・シエルなどがその代表例だ。彼らの活躍ぶりを伝えるレポート記事も数多い。

 もっとも、一連の海外進出計画に「見通しはさほど明るくない」と疑問符を投げかける向きもある。

「Perfumeの海外進出というのは、ユニバーサルへの移籍にともなう“大義名分”を示すためにとりあえずブチ上げた、という印象ですね。実際に決まっているのは、海外でもダウンロード販売するというくらいで、具体的な売り出しプランはまったく見えません。人気的にもそろそろピークアウトしそうな彼女たちだけに、海外進出ネタで箔をつけたいマネジメント側の意図は感じますが」(音楽事務所関係者)

 先日、恋人俳優との半同棲生活が「フライデー」(講談社)に報じられたきゃりーぱみゅぱみゅについても“企画先行”の声が上がっている。

「きゃりーぱみゅぱみゅの売り出しは、業績低迷に苦しむワーナーミュージックの“起死回生”を狙ったプロジェクトです。海外でプロモーション動画がそれなりに話題になったのは事実ですが、音源販売やライブ活動で今後たくさん稼げるかどうかは未知数。それよりも、コカ・コーラなど大企業とのCM契約が次々に決まっているあたり、海外ネタで話題を作って、国内で稼ぐという構図が見えますね」(前出の関係者)

 今後のJポップ歌手の海外進出については、「海外の音楽市場がかつてないほど冷え込んでいる」という点から否定的な見方もある。

「CDやダウンロード販売の落ち込みは日本よりも欧米のほうが深刻で、アジアではそもそも正規の音楽サービスを利用する習慣が根付いていない。また、各国の音楽市場はここ10年ほど内向き傾向を強めており、アメリカでヒットした歌手が欧州でまったくウケないケースなどが増えています。欧米やアジアの市場でJポップが受け入れられる余地は、10年前よりも少なくなっているのではないか」
(音楽雑誌編集者)

 こうした声にもかかわらず、多くの歌手やバンドが海外進出を目指すのは、それだけ国内市場に閉塞感が広がっているからでもある。彼らの海外進出が、宇多田ヒカルやX JAPANのような苦い結末に終わらぬように祈りたい。
(文=柴田勇気)

VOICE(通常盤)

PUFFYみたいになれるかもしれないよ!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/09 11:23
こんな記事も読まれています

「Perfume海外進出」は宣伝文句? Jポップのお寒いマーケティング事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

 秋雨の降る明治通りの交差点に、パレスチナ解放闘争の戦士は立っていた。白髪だが、肩幅...
写真