日刊サイゾー トップ > 芸能  > 猫ひろし本音は「帰化したい」

4年後の五輪を目指す! そう言い放った猫ひろしだが、本音は「日本に再帰化したい……」

neko0514.jpg『猫ひろしがやってくる ニャー!
ニャー!ニャー!』

 昨秋、カンボジア国籍を取得してまでロンドンの五輪を目指した猫ひろし。一旦は同国の男子マラソン代表に“内定”したが、このほど国際陸連が定める国籍変更後の居住実績を満たしていないことが発覚し、参加資格を取り消されてしまった。

 猫の胸の内を思うと言葉もないが、本人は会見で「カンボジア人として4年後のリオデジャネイロ五輪を目指します!」と宣言。だが、事情を知る関係者は「いえいえ、彼はいずれ日本に再帰化するはずですよ。今は波風が立つから言えないだけ。4年後は彼も38歳。マラソンランナーとしてのピークは過ぎており、カンボジア代表としても正直厳しいですからね」と断言する。

 今回、猫は国籍変後、同国に1年以上の居住実績がないため“失格”となった。

「そりゃあ、カンボジアにはほとんど住んでいませんからね。国籍上、カンボジア人になっただけで、仕事のベースは日本。それはこの先も変わりませんよ。だから、仮に4年後もカンボジア代表として五輪出場を目指した場合も、今回と同様の議論は再び巻き起こるはずです」(陸連関係者)

 一方で五輪は落選したものの、芸人としては大成功といえるのだという。お笑い関係者が次のように話す。

「本人も話していたが、空いた五輪期間中のスケジュールに次々と仕事のオファーが舞い込んでいるようだ。早くも水面下でマラソンのゲスト解説のオファーもきているとか。バラエティ番組やイベントの出演依頼も間違いなく増えるし、下手したらこのネタだけで1億円近く稼げるのでは?」

 逆をいえば“落選バブル”で稼ぐだけ稼ぐためにも、しばらくは「カンボジア人」である必要があるのだ。猫の本当の闘いは、まさにこれからかもしれない。

最終更新:2012/05/14 11:03
こんな記事も読まれています

4年後の五輪を目指す! そう言い放った猫ひろしだが、本音は「日本に再帰化したい……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

剛力・前澤、明暗を分けたもの

昨秋、カンボジア国籍を取得してまでロンドンの五輪を目指した猫ひろし。一旦は同国の男子マラ...
写真