日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!?
逆境に負けない謎ユニット「猫ピアノ」インタビュー

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!? 「ネタひとつ増えた」で43歳、爆走中「にゃー!」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!? 「ネタひとつ増えた」で43歳、爆走中「にゃー!」の画像1
「猫ピアノ」を結成した猫ひろしさんと中村ピアノさん

 新型コロナウイルス感染拡大の騒動により、すっかり忘れ去られてしまった感のある東京オリンピック2020。1年延期が決定したものの、果たしてどうなるかーーという状況のなか、さらに忘れられているのが、カンボジアに国籍を移し、マラソン選手としてリオ五輪に出場して完走、そして東京2020にもカンボジア代表として出場を目指していた、芸人兼マラソンランナーの猫ひろしだ。

 最近の猫ひろしは、マラソンとオリンピックを盛り上げるためにシンガーソングライターの中村ピアノとユニット「猫ピアノ」を結成し、新曲を作っている最中だったというが……。

 というわけで、オリンピック延期で選手生命の危機を迎えているかもしれない猫ひろしに緊急取材を敢行! そして、謎のユニット「猫ピアノ」についても深く聞いてみた!

ーーーーーーーーーー

ーー猫ひろしさんは、2020東京オリンピック出場を目指してたんですか?

猫ひろし(以下、猫):にゃー! もちろんですよ! でも去年の12月にカンボジア代表として東南アジア競技大会に出場して、他国の選手に負けてしまって。ただ、カンボジアの場合は日本と違って、陸上種目の中で出場できるのは一人だけというシステムなんです。僕はマラソンではカンボジアでトップなんですけど、別の種目で有力な選手がいて、今回はその選手がカンボジアの陸上代表になるかもという流れだったんです。でも、僕も可能性がゼロではないので、3月の東京マラソンに出場してアピールしようと思ってたんです。

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!? 「ネタひとつ増えた」で43歳、爆走中「にゃー!」の画像2
5月上旬、Zoomでオンライン取材に応えてくれた猫ひろしさん

ーー新型コロナウイルスの影響で、東京マラソンも参加制限されてしまいましたからね……。猫さんは、オリンピックに向けての活動の一環として、なにやら謎のユニット「猫ピアノ」を結成して、楽曲作りをされているという話も聞きました!

:シンガーソングライターの中村ピアノさんと組んで、誰もが気軽に体を動かせるような「体操ソング」をつくろうという計画なんです。僕はよくマラソン大会にゲストで呼ばれるんですけど、そういうときに参加者みんなで出来る体操があるといいなって思ってたんですよ。
 特に、カンボジアでイベントに出ても、僕なんてただの“小さいおじさん”としか思われなくて、「しょーりゅーけん!」とか「ポーツマス、ポーツマス!」をやっても、全くウケない。カンボジアの言葉もまだ勉強途中ですので。

ーーそれは、言葉の壁の問題だけではないかもしれないですけど……。
 
:やっぱり音楽は万国共通だし、体を動かすことがなによりも伝わるというか、最大のコミュニケーションなので、だったら体操が一番いいんじゃないかってことになったんですよ。それで曲を作ってもらえる人を探して、ピアノさんを紹介してもらって。

中村ピアノ(以下、ピアノ):私はソロのシンガーソングライターとして活動しているんですけど、オリンピック出場を目指して頑張ってる猫さんと知り合って、一緒に何かできたらいいなということで、この体操ソングを作ろうというプロジェクトになったんです。去年の秋冬ぐらいから話が持ち上がったんですけど、その時はまさかこんな事態になると思ってなくて……。

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!? 「ネタひとつ増えた」で43歳、爆走中「にゃー!」の画像3
中村ピアノさん

ーーまさかのコロナ渦によるオリンピック延期。猫さんは今年43歳ということもあり、選手としては年齢的にもこの1年は大きいと思うのですが、延期を知らされた瞬間はどんなお気持ちでしたか?

:オリンピックが延期になるなんて有り得ないと思っていたので、単純に「ホントに延期になるんだ」って驚きましたね。でもまだ「中止」じゃなくて「延期」ですから。来年開催される大会の選考基準はまだ決まってないし、僕にどのくらいの可能性があるか現時点ではなんとも言えないですけど、選手としては決まったことに従うしかない。来年に向けて気持ちを切らさないように、毎日コツコツ、にゃーにゃーと頑張っていくしないと思ってます。

ーーただ、世界的に感染が拡大していて、収束が見えない状況です。来年の開催を危ぶむ声も上がっています。

ピアノ:東京オリンピックが延期で、世の中の状況もどんどんつらくなってきてしまって、私も気持ちが落ちちゃってたんですよ。でも、猫さんとお話したり、猫さんが“ユーチューニャー”として配信しているYouTube動画を見たりしていると、本当にいつも前向きで、自分の情熱のまま、“猫まっしぐら”な生き方をされていて…。私もこんなことでつまづいていられないなと思って、頑張って曲作りしようと気分が奮い立ったんです。

ーー猫さんのYouTube動画で励まされたんですね。

:幸か不幸か、今は自粛生活中で芸人としての仕事がほとんどない状態なので、ずっと家にいるんです。何か僕にもできることをと思って、YouTuberとして、自宅で出来るトレーニング動画などを家の中で撮影してアップしているんですが、HIKAKINファンの小学生の娘からは「お父さん、私の知ってるYouTuberじゃない!」と野次を飛ばされたりしています。
 もちろんYouTubeだけじゃなくて、時間があるぶんトレーニングも捗るといいますか、毎日マスクつけて、ものすごい距離を走ってます! コーチがトレーニングのメニューを作ってくれるんですけど、前にも増して厳しく過酷なものになっていて、練習量は以前と比べてもかなりアップしているんです。

ーー自粛生活中でも、練習は欠かしてないんですね。

:いまの状況は、カンボジアにいるときとあまり変わらないなという感じはしています。カンボジアでは、1~2ヶ月間くらい練習以外にすることがなくて、朝から走って、走って、走って、たまにギャグ作って、走って、みたいな生活をしていたんで、その時に似てるなって思いますね。

ピアノ:私は生活が変わって、曲作りも変わってきました。今まではわりと自分の内に秘めてるネガティブな感情を出すみたいな感覚で曲を作ってたんですけど、最近はこの状況で誰かの気持ちが楽になるような曲を書きたいと思うようになりましたし、少しでも誰かの心に響かせたい。家に独りでいることで、より外に目を向けるようになりましたね。

ーーいま、人々はゴールの見えないマラソンを走ってるような気持ちになっています。これまで、かなりの距離を走り続けてきた猫さんから、アドバイスはありますか?

猫:マラソンというのはゴールが確定しているスポーツなので、僕はよほどのことがない限りは最後までやろうと思って走ってるんです。途中でやめちゃうと、やめグセがついちゃうんですよ。気持ちの弱い選手は、絶対に理由を作ってやめるようになる。だから、タイムは二の次でも最後まで走り切る人が人間として強いと思うんです。
 リオオリンピックのときも、僕はビリから2番めの成績だったんですけど、とにかく足が折れてでも走り切るという気持ちで前に前に進んでいたら、完走できたので……。ちょっとカッコ良くなってきちゃったんで……ポーツマス、ポーツマス!

ーーギャグ入れなくて大丈夫です!

:僕、カンボジア人になってよかったと思うことが沢山あって。僕から見たカンボジアの人たちは、いい意味で何が起きても動じないんですよ。カンボジアでは、マラソン大会が6時30分スタートのはずだったのに何の前触れもなく6時10分から始まったとか、42.195キロのマラソンコースなのに、走ってみたら45キロもあったとか、そういうことが当たり前にあるんです。だから僕もそんなことでは動じなくなりましたし、なんといっても芸人なんで、ハプニングが起こっても「ネタがひとつ増えたな」ってプラスに考えられるんですよね。だから、カンボジア人で芸人っていうのは最強なんですよ!

ピアノ:猫さんのこういう所がすごいですよね。私も影響を受けていて、諦めちゃおうと思ったことが自然と前向きな気持ちになれたりしてます。「猫ピアノ」としてのオリジナルソングも、もうすぐ出来るので楽しみにしてもらいたいです!

ーー猫さんは引退せず、マラソン選手続行ですね!

:にゃー! 今年ハーフマラソンで自己ベストが出たんで、まだまだイケると思います。来年は44歳になりますけど、たぶん、44歳でオリンピックに出たマラソンランナーっていないんじゃないかな。しかも、僕の誕生日が8月8日で、オリンピックの男子マラソンの出走予定日も8月8日。最年長と最低身長の出場記録を更新して、最高のバースデーを“猫まっしぐら”に目指します!

(取材・文=出洲待央)

猫ひろし(ねこ・ひろし)

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!? 「ネタひとつ増えた」で43歳、爆走中「にゃー!」の画像4日本で活動している元日本人で日系カンボジア人のお笑いタレント、マラソン選手。2016年リオデジャネイロオリンピックカンボジア代表。2011年よりカンボジア国籍。WAHAHA本舗所属。
 猫ひろしドットコム /Twitter:@cathiroshi

 

 

 

 

中村ピアノ(なかむら・ぴあの)

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!? 「ネタひとつ増えた」で43歳、爆走中「にゃー!」の画像5 ピアノを弾きながら唄うアーティスト。2018年6月に1st.シングル「銃声と花びら」でユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。楽曲は様々なTV番組のテーマソングに抜擢。ex.東京事変ベーシスト「亀田誠治」率いる亀田大学サークル部員。
所属事務所ローズクリエイト /Twitter:@missopiano

 

 

 

■猫ピアノ(猫ひろし×中村ピアノ)
「猫ひろし公式マラソン体操ソング」で世界を元気一杯ニャー!
応援クラウドファンディング開催中!

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!? 「ネタひとつ増えた」で43歳、爆走中「にゃー!」の画像6

最終更新:2020/05/13 09:43

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!? 「ネタひとつ増えた」で43歳、爆走中「にゃー!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

齋藤飛鳥、伊藤沙莉に完敗!

 女優・伊藤沙莉が、放送批評懇談会が選定する...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

――SEEDAが2006年にリリースした傑作アルバム『花と雨』を原案とした同タイトル...
写真