日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 芸人再生工場の最終兵器って!?
お笑い評論家・ラリー遠田の【この芸人を見よ!】第109回

スギちゃん 実直な人柄でチャンスをつかんだ「芸人再生工場の最終兵器」

 この人柄でありながら、ネタの中では「ワイルド」を演じているというギャップもいい。こういうギャップがあると、共演者としては「ワイルドって言ってるけど、実は全然ワイルドじゃないよね」というふうにイジりやすい。イジりやすい人は、絡みやすい。絡みやすい人は、自然と出番も増える。そうやってスギちゃんは売れっ子街道に乗ることができた。

 そもそも、芸人の演じるキャラというのは無理矢理ひねり出すようなものではない。もともと持っている人柄や性格を引き立たせるために、キャラというひとつの見せ方が考え出されるのだ。スギちゃんは、そのギャップをこの上なく効果的に演出することに成功した。彼こそは、サンミュージックという「芸人再生工場」が満を持して送り出したお笑い界の最終兵器だ。
(文=お笑い評論家・ラリー遠田)

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed