日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > いまや小学校は麻薬やポルノ商品の流通場所!? 日本一の事件屋が語る、恐るべき事実の数々

いまや小学校は麻薬やポルノ商品の流通場所!? 日本一の事件屋が語る、恐るべき事実の数々

syoko.jpg『証拠調査士は見た!すぐ隣にいる
悪辣非道な面々』
(宝島社)

 警察や弁護士が手を出せない事件を解決する「証拠調査士」という職業をご存じだろうか。例えば、警察は事件の証拠がないと動かない。弁護士は法律のアドバイスをするのみで、事件の解決には直接動くことはない。そういうさまざまなトラブルを調査し、証拠を集め、事を解決に導く。それが証拠調査士だ。

 このほど、『証拠調査士は見た!すぐ隣にいる悪辣非道な面々』(宝島社)を上梓した平塚俊樹氏は、これまで数々の信じがたい事件に携わってきた。小学校の児童を運び屋にする麻薬密売人や、泣き寝入りを狙って女性専門マンションのみを繰り返し狙う強姦魔、性犯罪被害者の女性を恫喝訴訟で追い込む大手コンサル企業、痴漢冤罪を生み出す警察捜査の悪癖……。どれも日本社会の根深い矛盾を浮き彫りにする、悲痛で救いようのない事件ばかりだ。平塚氏が言う。

「いまや小学校は麻薬やポルノ商品の最大の流通場所だというと、警察関係者さえ驚きます。しかし、これは事実です。大人の売人が子どもを上手に使い、児童本人が自覚しないまま、事実上の運び屋として何年も使い続けるのです。ある児童の親から『子どもの様子がおかしい』と相談を受け、調べていくうちに麻薬組織が浮かび上がってきました」

 “ヤクの運び屋”といえば普通、大麻をコンドームに入れて飲み込んだり、肛門に押し込んで海外から持ち込んだりするなどの手口を耳にすることはあるが、小学生の子どもが、たとえ意図しないまでも運び屋をしているのだとしたら驚くしかない。

「売人からランドセルに覚せい剤を入れられた児童は、家路に向かう通学路上で“客”にブツを渡します。それが麻薬だとは子どもには言いません。100均で勝ったポーチなどに入れて、『おじさんの友達がいるから渡しておいて』とか、いろんなシチュエーションで子どもに教え込むんです。ある別の組織で同類案件に関係していた関係者によれば、『子どもが売買に関わっているなんて誰も思わない。この方法なら、発覚する確率は限りなく低い』とのことでした」

 また、女性向けマンションを専門に狙う、常習性のある強姦魔も横行しているという。

「一般に女性向け不動産はオートロックや防犯窓の充実などで、治安面で安全とのイメージがありますが、実はまったく逆です。常習的な強姦グループにとって、女性だけが住んでいると最初からわかっている物件は、言葉は悪いですが、格好の餌場なわけです」


12

いまや小学校は麻薬やポルノ商品の流通場所!? 日本一の事件屋が語る、恐るべき事実の数々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

古参ジャニーズJrリストラ計画

 昨年末に女優・神田沙也加との“不倫疑惑“を...…
写真
インタビュー

ダイアン、東京進出のきっかけは…

警察や弁護士が手を出せない事件を解決する「証拠調査士」という職業をご存じだろうか。例えば...
写真