日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 夏ドラマ初回レビュー

もう失敗できないフジ「花王提供枠」の明暗はいかに!? 夏ドラマ初回レビュー(前編)

brain.jpg『ビューティフルレイン』公式サイトより

 7月1日の『ビューティフルレイン』(フジテレビ系)を皮切りに、続々とスタートした夏の連ドラ。何ごとかと戸惑うほど刑事モノに偏っていた前クールとは違い、今期は教師モノやミステリー、ホームドラマやラブコメなど豊富なラインナップが揃っている。

 ここでは「夏ドラマ初回レビュー~前編~」と題し、7月1日~7月7日にスタートした連ドラ12作品をプレイバック。オダギリジョー主演『家族のうた』(同)の惨敗で、もう失敗できないフジテレビ・日曜21時枠『ビューティフルレイン』の結果やいかに……?

■トップは人気シリーズ『京都地検の女』の8作目

 初回放送の平均視聴率上位は次のとおり(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

1位『京都地検の女』(テレビ朝日系)16.0%
2位『ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日』(日本テレビ系)15.2%
3位『GTO』(フジテレビ系)15.1%
4位『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)13.0%
5位『トッカン 特別国税徴収官』(日本テレビ系)12.9%

 6位以降は、豊川悦司&芦田愛菜主演『ビューティフルレイン』(12.9%)、毎週主演が異なる一話完結ドラマ『東野圭吾ミステリーズ』(フジテレビ系、11.3%)、多部未華子主演『浪花少年探偵団』(TBS系、7.8%)と続く。

 トップの『京都地検の女』は、名取裕子演じる京都地検検事が、「主婦のカン」を駆使しながら事件を解決していく人気シリーズの8作目。名取を取り巻く蟹江敬三、大杉漣、寺島進、益岡徹といった名優たちの並びから発せられる異様な迫力は、もはやチャンネルを変えたらバチが当たるような気すらしてくる。

 2位の『ゴーストママ捜査線』は、命を落としてしまった警察官の仲間由紀恵が、幽霊としてこの世に残るファンタジー・ホームコメディ。キャッチコピー「息子の事が心配で、天国に行くのは延期しました。」のとおり、母親のことが唯一見える息子と、母親とのやり取りが中心に描かれていく。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed