日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 楽天・田中がブチ切れモード?

「里田とうまくいってない!?」楽天のエース・田中将大がブチ切れモードのワケとは……?

tanakama_gekido.jpg『田中将大―ヒーローのすべて』
(北海道新聞社)

 プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大が、最近ピリピリムードだ。6月には自身がファンだと公言するアイドルグループAKB48の総選挙に関連し、当日登板予定だった田中が「テンポ良く試合時間を短縮すれば、(総選挙の)生中継を見られる」と発言したという記事が出たことに激高。「どことは言いませんが、中継が見たいから早く終わらせるみたいな記事。一言もそういう話はしてないし、そんなふうに考えて野球をしてません!」と一喝したのだ。

 これはプロとしての意地なのかもしれないが、今月中旬にも似たような“事件”が勃発。18日のロッテ戦にプロ2度目で今季初の中4日で登板したが、翌日の日刊ゲンダイで「志願の強行登板」と書かれたことにブチ切れたのだ。

 報道陣に囲まれた田中は、ゲンダイの記者を見つけると「なんでああいう紙面になるんですか! オレは志願なんてしてねーし! そんなこと言ってないし、するわけない」と猛反論。途中で我に返り「あ、こういうこと言うとまた書かれる」と冷静にはなったというが、続けて「なんか最近、雑な記事が多くないですか? とくに今年!」と眉間にしわを寄せながら語ったという。

 AKB48はともかく、「志願の強行登板」という扱いは、マイナスではないように思えるが……。

「田中は普段からマスコミ対応もいいし、あんなことで感情をあらわにするのは珍しい。マスコミの間では、妻の里田まいとうまくいってないんじゃ……という声も飛び交っていました」(スポーツライター)

 これに、楽天担当記者の1人は次のようにフォローする。

「エースは1年間ローテを守ってチームに貢献することが第一。強行登板して故障したら元も子もない。田中の中に“志願の登板”なんて言葉はなく、チーム事情と首脳陣からの要望で中4日の登板を決めただけのこと。ゲンダイの記事は彼の野球観とかけ離れたものだったため、あそこまで語気を強めたのです」

 一方で、別の担当記者からはこんな話も聞かれる。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed