日刊サイゾー トップ > スポーツ  > フジのゴリ押しでイメージ低下?

視聴率惨敗の「ヤングなでしこ」サッカーU-20女子代表 フジテレビの“ゴリ押し”でイメージダウン必至!?

yokotanaka.jpgINAC神戸公式サイトより

 ロンドン五輪で見事、銀メダルを獲得したなでしこジャパン(サッカー女子日本代表)。今回の快挙ともいえる好成績で、女子の代表試合やなでしこリーグが人気コンテンツとして今後期待されるわけだが、そんな彼女たちの“二匹目のドジョウ”を狙って、フジテレビが猛プッシュしているのがU-20女子代表、「ヤングなでしこ」だ。だが、これが巷で「ゴリ押し」と、もっぱらの評判なのだ。

「ヤングなでしこは、田中陽子(MF、INAC神戸)や仲田歩夢(MF、INAC神戸)、猶本光(MF、浦和レッズレディース)など、アイドル顔負けの美少女揃いで、ビジュアルでは完全に姉貴分のなでしこジャパンを上回っています。だからといって、ヤングなでしこの国際親善試合をゴールデン帯で中継するのは、いくらなんでも無謀です(苦笑)」(サッカー雑誌編集者)

 これは13日に行われたU-20女子カナダ代表との国際親善試合だが、ゴールデン帯にもかかわらず視聴率はなんと5.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と惨敗。ネット掲示板などでも「ウジテレビって、よく流行ってそうな物にとびついて爆死するよね」「U-20なでしことか誰が見るんだよって感じ」「女子サッカーをトレンドにしたかったんだろうが、厳しいね」「なでしこ便乗で爆死だからな」などと、嘲笑のコメントが相次いだ。

 だが、これにも懲りず、フジは19日から日本で開催中の「FIFA U-20 女子ワールドカップジャパン2012」を、乃木坂46をサポーターに起用するなどして猛プッシュ。予選リーグの日本戦全3試合をゴールデン帯で完全生中継するというゴリ押しぶりだ。

「19日に行われたメキシコ戦は4-1と快勝しました。それは結構なことなのですが、観客席はガラガラでした。もちろん選手たちには責任はなく、現状の認知度では当たり前のこと。この試合も当然、フジはゴールデン帯で生中継したのですが、視聴率的に惨敗なのは間違いない。にもかかわらず、ニュースやPR番組で盛り上げようと必死で、これじゃ韓流ゴリ押しと同じ構図ですよ。こんなことを続けていると韓流同様、視聴者の批判を浴びて、ヤングなでしこにとってイメージダウンになりかねない」(同)

さらに「低視聴率でもフジがヤングなでしこをゴリ押しするのは、今後人気が期待できそうな女子サッカーに恩を売るという思惑も」(民放関係者)との声もあるが、過去の韓流ゴリ押しの失敗を見る限り、そうした深謀遠慮よりも単にロンドン五輪に便乗しただけというのが、実際のところではないだろうか。

最終更新:2012/10/10 17:12

視聴率惨敗の「ヤングなでしこ」サッカーU-20女子代表 フジテレビの“ゴリ押し”でイメージダウン必至!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

“青春の痛み”描く、藤井道人プロデュース作

 青臭くて、ひとりよがりで、あまちゃんで、心...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真