日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 赤西仁がメイサの付き人に?

「来年秋まで予定は白紙!?」相次ぐ出演映画の公開延期で赤西仁が妻・黒木メイサの付き人になっちゃう!

akanishijin0907.jpgもう十分反省した?

 今年2月、所属するジャニーズ事務所への報告なしに女優の黒木メイサとデキ婚したためにペナルティーで干され、現在無職状態の元KAT-TUN・赤西仁。

 それでも今年12月には、初のハリウッド作品となるキアヌ・リーブス主演の映画『47RONIN』が日本で公開予定だったため、日本国内でのPR活動に加わり、久しぶりにファンの前に姿を現すかと思われていた。しかし、北米公開が今年11月から来年12月に延期となることが発表されたため、日本での公開もそれ12月以降となってしまった。

「同映画は18世紀を舞台にした3Dアクション作品で、日本からは赤西のほかにハリウッドでも名の知られている真田広之、浅野忠信、菊地凛子、柴咲コウらが出演。予算オーバーを含め、製作上のトラブルはいろいろウワサされていて、再撮の必要もあるとのことで、いったんは来年2月に公開を延期すると発表された。しかし、ロンドンで行われるビジュアルエフェクトの作業がロンドン五輪のせいでできなかったことなどを理由に、さらに来年12月に延期された。1億7,000万ドル(約136億円)という莫大な製作費をかけているだけに、まさか公開中止ということにはならないだろうが……」(映画業界関係者)

 仕事がない赤西は、身重の黒木のショッピングにピッタリ付き添う様子が報じられ、盟友の山下智久、錦戸亮、城田優ら「赤西会」の面々との夜遊びもすっぱりやめてしまったようで、このままではまるで黒木の付き人状態。「ジャニー喜多川社長は赤西を寵愛していただけに、とんでもない“背信行為”に怒り心頭で、今のところ仕事を入れるつもりはないようだ」(スポーツ紙デスク)という。このままだと、本当に妻の付き人になってしまいそうだが……。

「デキ婚以来、黒木の事務所でも、彼女に対してはまるで腫れ物を触るような扱い。それでも、来年のNHK大河ドラマ『八重の桜』への出演が決まるなど、相変わらず黒木は事務所の看板。それだけに、もともとわがままだった黒木の扱いがますます難しくなってしまった。来年の大河では長期間拘束され、出産後の育児もあり、かなりストレスがたまりそうだが、その点、夫である赤西は付き人としてはベスト」(週刊誌記者)

 『47RONIN』の日本公開PRが行われるとすれば、早くても来年の秋以降。それまで、赤西は多忙な黒木に代わって子育てをせざるを得ない。それをチャンスととらえ、いま流行の「イクメン」として再浮上するチャンスもありそうだ。

最終更新:2013/02/04 12:46
こんな記事も読まれています

「来年秋まで予定は白紙!?」相次ぐ出演映画の公開延期で赤西仁が妻・黒木メイサの付き人になっちゃう!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

今年2月、所属するジャニーズ事務所への報告なしに女優の黒木メイサとデキ婚したためにペナル...
写真