日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高岡蒼佑が再び迷走中?

また事務所移籍……迷走する高岡蒼佑と“不倫騒動”前妻・宮崎あおい&岡田准一の“明と暗”

71gxK0-mgQL._AA1000_.jpg『さんかく 特別版』
(ワーナー・ホーム・ビデオ)

 俳優の高岡蒼佑が、10月1日付で前所属事務所「NOWHERE」から現所属事務所「合同会社S.Tree」へ移籍していたことが明らかになった。高岡は4日にオフィシャルFacebookページを立ち上げており、10日の書き込みで移籍を報告している。

「前妻の宮崎あおいと離婚後、NOWHEREに移籍し、芸名を“高岡蒼甫”から“高岡蒼佑”に改め再出発したものの、事務所の電話もいつの間にかつながらなくなっていて、動向が心配されていたところでした。相変わらず芸能界を干されたままで、鈴木亜美との交際が取り沙汰されるぐらいでしたからね」(芸能関係者)

 10日の書き込みでは一連の騒動を振り返りながら、「今から遡る事一年。とても1人で抱える事が困難な、慌ただしい時間がありました。挫折感、孤独感、無力感、、、全てが重なり廃人のような自分、、恥かしながら。言っていいのか、悪いのか、そんな経験も今じゃ財産です。経験出来て良かった」と、フジテレビ批判が招いたバッシングや所属事務所からの退社、離婚などを経験した心境を吐露。事務所移籍を機に心機一転、再出発を図りたい構えだが、果たして現状で高岡への仕事のオファーはあるのか?

「来春に出演映画『千年の愉楽』『ROUTE 42』の公開が控えていますが、Facebookを見る限りでは出演作PRに伴う映画祭への参加ぐらいで目立った活動はなさそうです。交際中の鈴木亜美は大手のエイベックス所属ですから、高岡が不用意な発言をすれば彼女に迷惑をかけてしまうことは承知しているはず。なので、高岡も口を閉ざしておとなしくしていれば、徐々に仕事も入ってくるのでは」(同)

 くしくも、前妻の宮崎と不倫が報じられた岡田准一が共演した時代劇映画『天地明察』は興収ランキング3週連続TOP5入りを果たすスマッシュヒットを記録しており、公開前には何事もなかったように2人はプロモーション活動をこなしていた。高岡にとっては、今もはらわたが煮えくり返る思いだろうが、ここはグッと我慢といったところか。

最終更新:2012/10/17 10:00
こんな記事も読まれています

また事務所移籍……迷走する高岡蒼佑と“不倫騒動”前妻・宮崎あおい&岡田准一の“明と暗”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

レイプ殺人や自殺が相次ぐ地域って!?

俳優の高岡蒼佑が、10月1日付で前所属事務所「NOWHERE」から現所属事務所「合同会社...
写真