日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 佐々木希が二番手で大丈夫?

フジテレビ“ドラマ惨敗枠”深田恭子で好スタートも「二番手は佐々木希なので……」

tokyoairportf.jpgフジテレビ『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』

「予想外の好スタートで、スタッフ一同、驚いていますよ。今まで“数字の取れない枠”といわれていましたし、出演者もそんなに豪華じゃないですからね。ドラマそのものが面白いと評価されたんでしょう」(フジテレビ関係者)

 深田恭子主演のドラマ『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』(フジテレビ系)が初回視聴率14%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、まずまずのスタートを切った。

「この枠は、あのオダギリジョーの『家族のうた』、芦田愛菜ちゃんの『ビューティフルレイン』と、どちらも大惨敗していた枠ですから、14%という過去最高の数字でフジもホッとしているんじゃないでしょうか。何せ、フカキョンの次が、あの佐々木希ですからね」(芸能事務所関係者)

 佐々木希といえば、最近は“女優”として売り出されており、ドラマだけでなく映画にも出演するなど活躍の場を広げているのだが……。ある映画関係者が声を潜めて話す。

「いかんせん、彼女は数字を持っていないと判断されていますよ。実際、彼女が出演した映画はほとんどヒットしていませんし、初主演ドラマだった『土俵ガール!』は平均視聴率が2%で、彼女が出演した連ドラはほとんどが平均1ケタです。彼女はCMタレントですよ」

 そもそも佐々木は、本当に“女優”をやりたいのだろうか……。

最終更新:2012/11/08 16:32

フジテレビ“ドラマ惨敗枠”深田恭子で好スタートも「二番手は佐々木希なので……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

40バイト芸人のふとした“オチ”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

「予想外の好スタートで、スタッフ一同、驚いていますよ。今まで“数字の取れない枠”といわれ...
写真