日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 佐々木希が二番手で大丈夫?

フジテレビ“ドラマ惨敗枠”深田恭子で好スタートも「二番手は佐々木希なので……」

tokyoairportf.jpgフジテレビ『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』

「予想外の好スタートで、スタッフ一同、驚いていますよ。今まで“数字の取れない枠”といわれていましたし、出演者もそんなに豪華じゃないですからね。ドラマそのものが面白いと評価されたんでしょう」(フジテレビ関係者)

 深田恭子主演のドラマ『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』(フジテレビ系)が初回視聴率14%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、まずまずのスタートを切った。

「この枠は、あのオダギリジョーの『家族のうた』、芦田愛菜ちゃんの『ビューティフルレイン』と、どちらも大惨敗していた枠ですから、14%という過去最高の数字でフジもホッとしているんじゃないでしょうか。何せ、フカキョンの次が、あの佐々木希ですからね」(芸能事務所関係者)

 佐々木希といえば、最近は“女優”として売り出されており、ドラマだけでなく映画にも出演するなど活躍の場を広げているのだが……。ある映画関係者が声を潜めて話す。

「いかんせん、彼女は数字を持っていないと判断されていますよ。実際、彼女が出演した映画はほとんどヒットしていませんし、初主演ドラマだった『土俵ガール!』は平均視聴率が2%で、彼女が出演した連ドラはほとんどが平均1ケタです。彼女はCMタレントですよ」

 そもそも佐々木は、本当に“女優”をやりたいのだろうか……。

最終更新:2012/11/08 16:32
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed