日刊サイゾー トップ > 芸能  > 華原朋美“生放送”はまだ早い?

『FNS歌謡祭』で復帰の華原朋美“生放送”にはやっぱり堪えられない!?

tomomikaharafukkatsu.jpg『nine cubes』( ダブリューイーエー・ジャパン)

 あの華原朋美が、いよいよ芸能界に復帰することになった。5年ぶりの復帰の舞台となるのは、12月5日に放送されるフジテレビ系『2012 FNS歌謡祭』。

 華原は2007年に相次ぐ仕事のキャンセルや体調不良のため、所属事務所のプロダクション尾木との契約を解除され、芸能活動の休止が続いていた。休業中はフィリピンでボランティアをしていたが、ひっそり帰国して介護施設の手伝いなどをする傍ら、歌のレッスンに励んでいたという。


「8月の時点では芸能復帰は考えておらず、オトコとクスリを断ってヨガのインストラクターを目指していると、女性週刊誌のインタビューに答えていたんですけどね」(週刊誌記者)

 そもそも、人気絶頂だった華原がトラブルメーカーと化したのは、恋人だった小室哲哉との破局が原因。小室と破局した1999年当時、いかに華原が心身ともに病んでいたかは、当時のテレビ出演時の様子が動画サイトにアップされるなど、今でもネットユーザーの間で語り草になっている。その元カレの小室は、華原の復帰について「頑張ってほしい」とエールを送っているのだが……。

「小室こそ頑張れよ、といったところですが(笑)、現在の小室の状況を考えると、別れておいてよかったともいえるんですけどね。実は『歌謡祭』には、その小室も出演するんです。まさか、共演なんていうサプライズ演出はないでしょうけど、かつての恋人を目の当たりにして、華原が本番中にトラブルを起こすようなことがあれば……。もちろん、フジもそのあたりのリスクは織り込んで対策は立てているでしょうが、それでも不安は拭えないですよね」(同)

 ネットユーザーの間でも華原の復帰には、「コイツと明菜だけはもう何をやってもダメだってば」「劣化した朋ちゃんは見たくない」「恐いもの観たさで見る人多そうだね」「これはまた放送事故あるな」「好きだから応援したいけど、また心を病まないか心配」などと、不安の声が絶えない。

 『FNS歌謡祭』は今年も“生放送”をうたっているが、実際には生中継に録画部分を組み込んで放送されるため、当然、華原の出演部分は録画になると予想される。その意味では“放送事故”は避けられそうだが、これまでの華原のことを考えると、スッキリ芸能界復帰とはいかないのではないだろうか。

最終更新:2012/11/29 08:00
こんな記事も読まれています

『FNS歌謡祭』で復帰の華原朋美“生放送”にはやっぱり堪えられない!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...…
写真