日刊サイゾー トップ > その他  > Yahoo!が韓国から撤退

「シェアたったの1.5%!?」Yahoo!が韓国から撤退

 サイゾー新ニュースサイト「Business Journal」の中から、ユーザーの反響の大きかった記事をピックアップしてお届けしちゃいます!

■「Business Journal」人気記事(一部抜粋)
批判殺到! 『スパイダーマン』新作がTSUTAYA独占のワケ
ヤフー・ツタヤ提携が狙うネット&リアルの覇権と楽天潰し!?
本家が、ヤフージャパン株売却でソフトバンクピンチ!?

■特にオススメ記事はこちら!
「シェアたったの1.5%!?」Yahoo!が韓国から撤退 – Business Journal(12月2日)

post_1093.jpgネット大国韓国では敗戦したYahoo!。(「Yahoo! KOREA」より)

 今年、創業以来社長を務めてきた井上雅博氏の後を継ぎ、宮坂学氏が新社長に就任したヤフー。創業から16年の今年、「爆速」をテーマに掲げて新たな動きをみせている。

「爆速で決まった」ヤフーとグリーの提携 アニメなどコンテンツ投資も ― ITmedia(11月08日)

 11月、GREEとの包括提携を発表したヤフー。スマホ版「Yahoo!JAPAN」から、「GREE」への誘導を行うほか、グリーの決済手段として「Yahoo!ウォレット」を活用する。また、将来的には、ソーシャルゲームの共同開発や、法人の共同設立も視野に入れて動いているようだ。

 だが、これまでヤフーでは、PC向けソーシャルゲームサイト「Yahoo!Mobage」に、DeNAと取り組んできた。今回のGREEとの提携にあたっても、DeNAとの提携も解消せず、並行して行なっていくというからその本心は定かではない。DeNA側もmixiとの提携を発表し、ヤフー×GREE共同戦線に立ち向かう考えのようだ。

 コンプガチャ問題によって、変化を迫られたソーシャルゲーム市場。「新しいビジネスモデルには必ず光と影がある」と宮坂社長は肯定的に捉えるものの、この提携がヤフーにとっての新たなリスクに変化してしまう可能性は十分に考えられる。

ヤフーさん、被災地に行って何するの? 復興支援事業で「黒字化」せよ! ー 東洋経済オンライン(11月22日)

 今年7月より、宮城県石巻市に「ヤフー石巻復興ベース」を設置した同社。この現場リーダーである長谷川琢也氏(ヤフー株式会社復興支援室)が記した本記事は、ヤフーの復興支援に対する取り組みを紹介する。

 震災当初から「震災対策特別室」を設置し、継続的な復興支援に取り組み続けている同社。その一環として、被災地にビジネスを生み出すために「石巻復興ベース」を設置した。地元の人々と議論をしながらビジネスを生み出すことをミッションに、社長から「黒字化するまで帰ってくるな」という厳命が下された復興ベース。復興支援ビジネスのモデルとして、各方面から熱い注目を集めている。

米Yahoo!、年内に韓国事業から撤退、ライバルとの競争激化で ー ITpro(10月22日)

 日本ではGoogleと並び、検索のトップシェアを誇るヤフー。しかし、韓国での旗色は思わしくないようだ。1997年より、ポータルサービスや検索広告ネットワークなどを手がけてきたが、事業環境が厳しさを増したことを理由に撤退が決定した。

「NAVER」や、「Daum」が検索トラフィックの大半を占めている韓国。市場シェアを見るとNAVERが52%、Daumが34%という数字である中で、Yahoo!Koreaはわずか1.5%にとどまっている。事業の効率化と、経営資源集中のためには撤退もやむなしだろう。この決定を下したのは、今年7月、Googleから米ヤフー最高責任者へ華麗なる転身を遂げた若干37歳の美人社長マリッサ・メイヤー氏。94年のサービス開始から18年を迎え、米ヤフーといえども、その経営は岐路に立たされているようだ。

Facebookと米ヤフー、検索での連携を模索か ー CNET Japan(11月19日)

 米ヤフーとFacebookが検索分野での提携関係を模索している。The Sunday Telegraphが匿名の情報筋からとして報じたこのニュース。本記事によればFacebookのCEO、マーク・ザッカーバーグ氏は、最近検索に対して並々ならぬ興味を抱いており、そのパートナーとして米ヤフーを迎える可能性が濃厚だ。SNSに革新をもたらしたザッカーバーグ氏が見つめる検索の未来は「『友人や、友人の友人の中で、私が働きたい会社で働いているのは誰か』という質問に答えられる検索」と、人とのつながりをベースにした全く新しい検索の概念となりそうだ。おそらく何年もかかって開発されるであろうこの検索エンジン。しかし、ひとたびこれがリリースされれば、またインターネットに大きな革新がもたらされるだろう。
(文=萩原雄太/かもめマシーン)

■おすすめ記事
批判殺到! 『スパイダーマン』新作がTSUTAYA独占のワケ
ヤフー・ツタヤ提携が狙うネット&リアルの覇権と楽天潰し!?
本家が、ヤフージャパン株売却でソフトバンクピンチ!?
Yahoo!も始めた新メール広告、Gmailでは本文が覗かれまくり!?
Yahoo! IDとTポイント、顧客情報の集約をめぐる“仁義なき闘い”

最終更新:2012/12/03 14:00
こんな記事も読まれています

「シェアたったの1.5%!?」Yahoo!が韓国から撤退のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

今年、創業以来社長を務めてきた井上雅博氏の後を継ぎ、宮坂学氏が新社長に就任したヤフー。創...
写真